ほんどバナー201706.pngほんどバナー201706.png

病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス 病院の案内

前十字靭帯断裂

前十字靭帯断裂は、小動物獣医外科学領域において代表的な整形外科疾患のひとつとして認識されています。前十字靭帯(Cranial Cruciate Ligament:CrCL)とは大腿骨と脛骨を結ぶ靭帯であり、膝関節における内旋や前方変位の抑制に対して非常に重要な役割を担っています。

診察手順

病因

靭帯変性、肥満、後肢の骨格異常、免疫介在性などが考えられています。

症状

靭帯断裂を生じると、膝関節は安定性を失います(ぐらぐらする)。靭帯断裂を起こした直後には重度の疼痛により、跛行を呈します。また慢性症例においても断裂後の膝関節は安定性を失っており、進行性の骨関節炎により膝関節へのダメージは持続します。

診断

整形外科学的検査:筋肉量や関節の腫脹を評価した後、脛骨の前方引き出し徴候や脛骨圧迫試験を行い、膝関節の不安定性を検出します。

  • レントゲン検査:関節周囲の様子を観察します。脛骨の前方変位、関節液の増大や関節周囲の骨棘など骨関節炎の評価を行います。
  • 関節液の検査:関節液の量や粘調性、色調、細胞成分などを評価します。免疫介在性の関節炎や関節内の腫瘍性疾患の鑑別検査として有用です。
  • 関節鏡検査:膝関節内の構造を確認できる侵襲性の低い検査方法です。レントゲン検査や整形外科学的検査だけでは、靭帯断裂の診断が困難な場合があります。そのような症例に対しては関節鏡検査が非常に有用です。

治療

前十字靭帯断裂に対する手術法として関節内固定法、関節外固定法、機能的安定化術などの様々な手術法が考案されています。当院では関節外固定法であるラテラルスーチャー法やタイトロープ法、機能的安定化術である脛骨粗面前方転移術TTA(Tibial Tuberosity Advancement)を、動物の大きさや飼育環境、状態に合わせて選択しています。
TTAは、2002年にMontavon、Tepic、Damurにより報告された、10kg位の中型犬から大型犬に行われる前十字靭帯損傷時の新しい手術法です。TTAは脛骨高平部を変位させることなく、膝関節の力学的安定化を図る術式です。手術後短期間のうちに歩行が可能になることから、他の手術法より優れているとされています。当院では、Dr.Daniel Koch、Dr.Tepicより直接指導を受けた獣医師が手術を行っております。
タイトロープ法は人工靭帯を用いて膝関節の安定化させる関節外固定法の一つです。大腿骨遠位・脛骨近位にドリルで穴を開け、Tight Ropeと呼ばれる人工繊維を通し固定します。従来の方法に比べて等尺点(isometric point)を保つ位置に人工靭帯を設置することができる為に、人工靭帯の緩みが最小に抑えられ膝関節がより安定化されると報告されています。

TTA
photos_03_01.jpgphotos_03_0.jpgTTA画像.jpg2.jpg



タイトロープ法
tightrope.jpg20161110_173647.jpg20161110_173657.jpg

ページの先頭へ

症例

イングリッシュスプリンガー 6歳8ヶ月

左後肢の跛行が認められましたが他院で原因不明と診断された為、セカンドオピニオンで来院されました。触診とレントゲン検査にて前十字靭帯断裂と診断し、症例の活動性の高さからタイトロープ法を実施しました。

pre DV.jpgpre Late.jpg


image (10).jpg


post DV 2.jpgpost Late 4.jpg



ページの先頭へページの先頭へ

ラブラドール 7歳5ヶ月

1年前から間欠的な跛行が認められるとのことで来院されました。触診にて前方引き出し徴候が認められ、レントゲン検査にてfat pad signが認められました。後十字靭帯損傷も認められた為、タイトロープ法を選択しました。歩行は短期間で改善し経過は良好です。

pre DV.jpgpre Late.jpg


重度滑膜炎.jpg前十字靭帯断裂部位.jpg


image (8).jpg


post DV.jpgpost Late 3.jpg



ページの先頭へページの先頭へ

雑種犬 8歳

以前から左後肢の跛行が認められていたが、2週間前より症状が悪化してきたとのことで来院されました。触診にて前方引き出し徴候が認められ、レントゲン検査にてfat pad signが認められました。触診にてクリック音は確認されないものの、関節鏡下にて半月板の損傷が認められました。断裂靱帯および半月板の除去、TTAを実施しました。

pre DV.jpg


image (7).jpgimage (6).jpg


post DV.jpgpost Late.jpg



ページの先頭へページの先頭へ

ラブラドール 3歳 去勢雄

1年前より両後肢(特に左側)の跛行が認められるとのことで埼玉県の動物病院より紹介され、来院されました。両後肢の膝蓋骨内方脱臼GradeⅡ〜Ⅲとレントゲンにてfat pad signを伴う重度の関節炎を認め、前十字靭帯損傷も疑い手術となりました。膝蓋骨脱臼と前十字靭帯損傷の併発であった為、膝蓋骨脱臼整復とTTAの併用を予定していました。しかし、脛骨粗面の大幅な転移が必要であった為、通常の膝蓋骨脱臼整復に加えタイトロープ法を実施しました。

pre.jpg


image (1).jpgimage (2).jpgimage (3).jpg


image (4).jpgimage (5)-2.jpg


post DV.jpgpost Late.jpg



ページの先頭へページの先頭へ

雑種犬 9歳 去勢♂

10日前からの右後肢跛行で来院されました。右膝関節の前方引き出し徴候と伸展痛が認められました。X-ray検査において脛骨の前方変位及びFat Pad Signが認められました。

コロワンxray pre.jpg




関節鏡検査において、重度の滑膜炎、前十字靭帯の完全断裂、内側半月板損傷を認めました。

コロワン関節鏡1.jpgコロワン関節鏡2.jpg




■ 外科療法
断裂靭帯の除去及び半月板の切除を行い、代用靭帯を用いて膝関節の安定化させる関節外法の一つであるタイトロープ法を実施しました。

コロワンxay post late.jpgコロワンxray post late.jpg





ページの先頭へページの先頭へ

バーニーズマウンテンドック 4歳 避妊♀

突然の右後肢跛行を主訴に来院されました。整形外科学的検査において右膝に脛骨圧迫テストで陽性、前方引き出し徴候が認められました。神経学的検査において特に異常は認められませんでした。レントゲン検査において、関節液の貯留所見や脛骨の前方変位の所見が認められました。


河合風香pre AP.jpg河合風香 Xray pre r rate.jpg




関節鏡検査を実施いたしました。関節鏡検査では、重度の滑膜炎および前十字靭帯の完全断裂が認められました。半月板に損傷は認められませんでした。

河合風香関節鏡半月板.jpg河合風香関節鏡断裂.jpg




断裂前十字靭帯の除去を行いました。その後 TTA(Tibial tuberosity advancement)を実施しました。


河合風香術中.jpg河合風香post ap.jpg河合風香post rate.jpg




術後経過は良好で、後肢機能・筋肉量の改善目的で現在はリハビリテーションを行っています。

ページの先頭へページの先頭へ

ミニチュアダックスフンド 9歳 未去勢♂

突然の非負重性の右後肢跛行を主訴に来院されました。触診上、右膝の伸展痛が認められ、整形外科学的検査において右膝の内外側の膝蓋骨脱臼(Grade Ⅱ)、脛骨圧迫テストで陽性が認められました。神経学的検査において特に異常は認められませんでした。レントゲン検査において、関節液の貯留所見や脛骨の前方変位の所見は認められませんでいた。

鈴木シップpre ap.jpg鈴木シップ pre late.jpg




関節穿刺を行い、好中球はなく、少数のマクロファージや滑膜細胞が認められるました。膝蓋骨脱臼および前十字靭帯断裂による退行性の関節炎を疑い、関節鏡検査を実施いたしました。関節鏡検査では、重度の滑膜炎および前十字靭帯の完全断裂が認められました。内外側とも半月板に損傷は認められませんでした。

鈴木シップ 前十字靭帯断裂.jpg鈴木シップ外側半月板.jpg鈴木シップ 内側半月板.jpg



■ 外科的治療法

断裂前十字靭帯の除去を行いました。外側方向からのテンションが著しく、外側広筋と膝関節外側支帯の解放を行いました。膝関節伸展機構の著しいアライメント異常が認められたため、脛骨粗面転移術を実施しました。
鈴木シップ 術中 アライメント異常.jpg


写真の膝関節の垂直線を綿棒の木柄が表しており、遠位の脛骨粗面との位置関係が平行ではありません。


転移側の骨床は犬種特有の変形した表面であったため、転移後の骨片の圧着状態が改善するように変形表面をラウンドバーにて切削しました。滑車溝の著しい低形成が認められたため、滑車溝形成術を実施いたしました。

鈴木シップ 術中 滑車溝低形成.jpg鈴木シップ 術中 滑車溝形成.jpg



切断された関節包の縫縮を行いました。前十字靭帯断裂後の不安定性と内旋を解消するために、人工靭帯(fiber wire)によるラテラルスーチャー法を併用し安定化を図りました。

鈴木シップ 術中 ラテラルスーチャー.jpg



術後、整形外科学的検査における脛骨圧迫テストや前方引き出し兆候は認められませんでした。

鈴木シップ post ap.jpg鈴木シップ post xray late.jpg



ページの先頭へページの先頭へ

ウェルシュコーギー 7歳

右後肢跛行が認められ、レントゲン検査により前十字靭帯断裂が疑われるとのことで千葉県の動物病院から紹介を受け来院されました。初診時、右後肢の前方引き出し兆候が認めれました。関節鏡下で前十字靭帯断裂と内側半月板損傷を確認・処置を行い、TTAを実施しました。


01.jpg02.jpg03.jpg04.jpg


05.jpg06.jpg



01.jpg02.jpg03.jpg04.jpg


05.jpg06.jpg07.jpg08.jpg


09.jpg10.jpg11.jpg12.jpg




ページの先頭へページの先頭へ

ゴールデンレトリーバー 9歳

4ヶ月前から右後肢を挙上するとの主訴で来院されました。触診にて前方引き出し兆候を認め、レントゲン検査にてfat pad signと脛骨の前方変位を認めました。関節鏡下にて前十字靭帯の損傷と重度の滑膜炎を確認し、TTAを実施しました。この症例は、半月板の損傷はありませんでした。

07.jpg08.jpg09.jpg10.jpg


11.jpg



01.jpg02.jpg03.jpg04.jpg


05.jpg06.jpg07.jpg08.jpg


09.jpg10.jpg11.jpg12.jpg




ページの先頭へページの先頭へ

アメリカンコッカースパニエル 9歳

一ヶ月前から右後肢の挙上が認められ、消炎鎮痛剤の治療に反応がないとのことで、セカンドオピニオンとして来院されま した。初診時、右後肢の前方引き出し兆候を認めました。 関節鏡下で前十字靭帯断裂と診断し、TTA を実施しました。


th_術前正面像.jpg手術前 正面th_術前側面像.jpg術前 側面像矢印.psdth_術後正面像.jpg術後 正面像th_術後側面像.jpg術後 側面像


th_前十字靭帯の完全断裂1.jpg前十字靭帯の完全断裂1th_前十字靭帯の完全断裂2.jpg前十字靭帯の完全断裂2th_術中写真.jpg術中所見




ページの先頭へページの先頭へ

柴犬 8歳

半年前から右後肢の挙上がみられ、他院にて前十字靱帯断裂との診断を受けセカンドオピニオンとして当院に来院されました。症例は来院時も右後肢の負重が低下しており、触診にて両後肢の前方引き出し徴候が認められました。関節鏡下で前十字靱帯と半月板の損傷を確認・処置を行い、TTAを実施しました。


術前 正面像.jpg手術前 前後像術前 側面像.jpg術前 側面像矢印.psd術後 正面像.jpg術後 正面像術後 側面像.jpg術後 側面像


術中所見.jpg術中所見


ページの先頭へページの先頭へ

ゴールデン・レトリーバー 3歳

前日から突然の右後肢跛行が生じたとのことで、来院されました。初診時、患肢の負重は弱く、膝関節は腫脹していました。レントゲン検査にて、右脛骨の前方変位および膝の関節炎所見を認めました。関節鏡下で前十字靭帯の断裂と内側半月板損傷を確認・処置を行い、TTAを実施しました。


手術前前後像.jpg手術前 前後像手術前側方像.jpg手術前 側方像矢印.psd手術後前後像.jpg手術後 前後像手術後側方像.jpg手術後 側方像



関節鏡写真㈰.jpg重度の滑膜炎所見関節鏡写真㈪.jpg靭帯が断裂し、部分的に残存する所見関節鏡写真㈫.jpg半月板損傷の所見



術中所見?.jpg術中所見




ページの先頭へページの先頭へ

バーニーズマウンテンドック 3歳

3か月前に突然の左後肢跛行が生じ、現在も歩行異常が続いているとのことで来院されました。初診時に患肢の筋肉萎縮と膝関節の腫脹、前方引き出し徴候を認めました。関節鏡下で前十字靭帯の断裂と内側半月板損傷を確認・処置を行い、TTAを実施しました。

術前前後像.jpg手術前 前後像術前側方像.jpg手術前 側方像矢印.psdTTA術後前後像.jpg手術後 前後像TTA術後側方像.jpg手術後 側方像


術中所見.jpg術中所見術中風景.jpg術中風景




ページの先頭へページの先頭へ

ハスキー 8歳齢

4ヶ月前より、右後肢跛行。歩行状態は徐々に悪化。初診時右膝関節の腫脹と前方引き出し徴候が認められました。右膝の関節切開を行い、前十字靱帯の断裂・半月板の損傷を確認後、TTAを実施しました。

症例1 手術前 正面像.jpg手術前 正面像症例1 手術前 側面像.jpg手術前 側面像矢印.psd症例1 手術後 正面像.jpg手術後 正面像症例1 手術後 側面像.jpg手術後 側面像




ページの先頭へページの先頭へ

バーニーズマウンテンドッグ 5歳齢

3週間前に走行中突然悲鳴をあげ、その後右後肢挙上。初診時に前方引き出し徴候が認められました。術中所見として右膝の前十字靱帯の完全断裂および重度滑膜炎を確認し、TTAを実施しました。

手術前 正面像.jpg手術前 正面像手術前 側面像.jpg手術前 側面像矢印.psd手術後 正面像.jpg手術後 正面像手術後 側面像.jpg手術後 側面像




ページの先頭へページの先頭へ

ウェルシュコーギー 7歳齢

9日前より突然の左後肢跛行。初診時に前方引き出し徴候、および左後肢屈伸時のクリック音を認めました。半月板損傷を伴う前十字靱帯断裂と診断し、TTAを実施しました。

手術前 正面像.jpg手術前 正面像手術前 側面像.jpg手術前 側面像矢印.psd後 正面像.jpg手術後 正面像後 側面像.jpg手術後 側面像



ページの先頭へページの先頭へ

ラブラドールレトリーバー 8歳齢

2,3日前より、右後肢跛行。初診時に前方引き出し徴候および右後肢間接腫脹、伸展時のクリック音を認めました。右膝の関節切開を行い、前十字靱帯の断裂を確認後にTTAを実施しました。

症例4 手術前 正面像.jpg手術前 正面像症例4 手術前 側面像.jpg手術前 側面像矢印.psd症例4 手術後 正面像.jpg手術後 正面像症例4 手術後 側面像.jpg手術後 側面像

space.png

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の関節疾患その他の関節疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
軟部外科軟部外科
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
歯科歯科
その他
犬の健康管理犬の健康管理
猫の健康管理猫の健康管理
リハビリテーションリハビリテーション

byoin_banner.jpgbyoin_banner.jpg
byoin_banner2.jpgbyoin_banner2.jpg


001.jpg001.jpg

002.jpg002.jpg

ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です

003.jpg003.jpg

bn_caloopet.pngbn_caloopet.png


動物取扱業登録番号

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)