練馬動物医療センター ホンド動物病院 豊玉病院練馬動物医療センター ホンド動物病院 豊玉病院

病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス 求人情報

骨折整復

上腕骨外側上顆骨折 Salter Harris IV型 : 症例1
橈尺骨骨折 : 症例1症例2症例3症例4症例5症例6症例7
      : 症例8症例9症例10症例11症例12症例13症例14
      : 症例15症例16症例17症例18症例19症例20症例21
骨盤骨折  : 症例1症例2症例3症例4
椎体骨折・脱臼症例1
脛骨骨折  : 症例1症例2症例3症例4症例5症例6
剥離骨折  : 症例1
中足骨骨折 : 症例1症例2
大腿骨遠位端骨折 : 症例1症例2
成長版骨折 : 症例1

Advanced Locking plate system と Locking compression plate system

当院ではAdvanced Locking plate system(ALPS)と、Locking compression plate system(LCPS)という骨接合法で骨折症例の治療を行っています。

Advanced Locking Plate System

従来型のプレートのように広い面積で骨と接するプレートを用いて固定を行った場合、プレート下の骨はプレートとの接触面において血行が絶たれ壊死し、それがリモデリングされると骨密度が低下する。この骨密度の低下防ぐために、骨折部局所への血行を温存することの重要性が近年改めて認識されるようになってきている。Advaed Locking Plate System (ALPS)は従来型のプレートシステムの欠点を改良し、より使いやすく、より骨への血行を阻害しないようにというコンセプトで作られた。

Advanced Locking Plate System の特徴

  1. 骨への血行障害は最小限である
  2. 上下左右にベンディング可能でより3次元的な成形が可能
  3. すべての部位においてプレート強度は均一である
  4. ロッキングスクリューと圧着型スクリュー(皮質骨スクリュー)の双方が使用できる
  5. ダイナミックコンプレッション機能
  6. 生体親和性の高いチタン製
  7. トイ犬種から馬まで応用できるサイズ展開がある



プレートの形状

トイプードル 右遠位橈尺骨短斜骨折のALPSによる内固定


Locking Compression Plate

LCPは、スクリュー(ネジ)とプレート(金属の板)をロックする特殊な構造により骨折部位を固定する新しい世代のプレートシステムです。ひとつのホールでロッキングスクリューとスタンダードスクリューの使用を選択できるユニークな構造をしているため、骨折断端間の圧迫を目的とした従来型プレート固定法に加え、高い角度安定性を有するロッキングスクリューを用いた固定法の選択が可能です。従来のプレートシステムでは困難だった部分の骨折や癒合不全の症例に高い治療効果をもたらします。

Locking compression plate system の特徴
 1.骨膜上の血行障害は最小限
 2.高い角度安定性
 3.プレート設置時の整復位喪失の防止
 4.スクリューのルースニング(ゆるみ)の防止
 5.コンビネーションホール
 6.粗鬆骨における固定性の向上
 7.1.5mmと薄いプレートのため、超小型犬にも使用しやすい
 8.抜去が不要となることが多い

ページの先頭へ

上腕骨外側上顆骨折 Salter Harris IV型

症例:トイプードル・6カ月齢・オス

術前レントゲン

左前肢の肘の関節に近い部位での骨折が認められます。(上腕骨外側上顆骨折Salter Harris IV型)


術中写真

関節内の骨折では正確な解剖学的整復と直接的な骨治癒が必要とされるため、ラグスクリューとキルシュナーワイヤーによって整復を実施
キルシュナーワイヤーによる観血的整復および固定を実施ラグスクリューによる固定後


術後レントゲン


ページの先頭へ

橈尺骨骨折

症例1:トイ・プードル 1歳 オス

術前レントゲン

橈尺骨の手首に近い側での骨折が認められます。


術中写真

橈骨および尺骨のプレートによる内固定を選択しました。写真は 橈骨前面にT字型のプレート固定を実施しているところです。


術後レントゲン

負重状態は良好で、現在、経過観察中です。


ページの先頭へ

症例2:外副子失宜による橈尺骨変形癒合】
ポメラニアン 1歳 オス

術前レントゲン

橈尺骨の骨折後、外副子の失宜による変形癒合・癒合遅延で来院されました。初診時において患肢は完全挙上し、重度の筋委縮が認められました。


術中写真

骨折部の変形癒合および周囲に結合組織や過剰な仮骨の増生が認められました。


過剰仮骨の除去、骨髄腔の疎通、自家海綿骨移植を行い、プレート法にて内固定を実施しました。


術後レントゲン


ページの先頭へ

症例3:プレートによる橈尺骨骨折整復
イタリアングレーハウンド
手術前手術後

ページの先頭へ

症例4:中型犬のプレートによる橈尺骨骨折整復
MIX犬 6ヶ月
手術前手術後手術後

ページの先頭へ

症例5:ALPS(Advanced Locking Plate System)
イタリアングレーハウンド 1歳 去勢オス

術前レントゲン

右橈尺骨に骨折が認められます。


術中写真

橈骨の骨折をALPS(Advanced Locking Plate System)による内固定で整復しました。


術後レントゲン

ページの先頭へ

症例6:ALPS(Advanced Locking Plate System)
トイ・プードル、10ヶ月齢、去勢オス

術前レントゲン


術中写真

橈尺骨骨折の骨折部位    ALPSを用いた内固定術実施後


術後レントゲン


ページの先頭へ

症例7:ALPS(Advanced Locking Plate System)
ポメラニアン、6か月齢、オス

術前レントゲン

橈骨および尺骨の横骨折が認められます。
術前前後像術前側方像


術中写真

橈尺骨骨折の骨折部位ALPSを用いた内固定術実施後


術後レントゲン

術後前後像術後側方像


手術1か月半後抜スクリュー実施後レントゲン

抜スクリュー後前後像抜スクリュー後側方像


手術3か月後レントゲン

骨折部位は完全に癒合しており、歩行も良好です。
手術3か月後


ページの先頭へ

症例8:
柴犬 一歳 オス

術前レントゲン

左前肢の橈尺骨骨折が認められます。


術中写真

橈骨の骨折を ALPS(Advanced Locking Plate System)による内固定で整復しました。
骨折整復前骨折整復後


術後レントゲン


術後2ヶ月 抜スクリュー実施後レントゲン


骨折整復術から6ヶ月後(抜スクリュー後4ヶ月)

跛行や疼痛はなく、負重状態も良好で、現在経過観察中です。



ページの先頭へ

症例9:
Mix 4ヶ月

術前レントゲン

右前肢の橈骨近位端に骨折が認められます。


術中写真


術後レントゲン


術後3ヶ月

術後3か月目に、局所の痛みや歩行異常は無く、骨折部位の癒合が認められたため、インプラントの抜去と自家海綿骨移植を実施致しました。




ページの先頭へ

症例10:
トイプードル 9ヵ月齢
橈骨および尺骨の横骨折が認められます。

術前レントゲン

右前肢の橈骨近位端に骨折が認められます。


術中写真

橈骨の骨折を ALPS(Advanced Locking Plate System)による内固定で整復しました。


術後レントゲン



ページの先頭へ

症例11:
ALPS(Advanced Locking Plate System)
ポメラニアン・6ヶ月齢・オス

術前レントゲン

左前肢の橈骨 骨幹において 短斜骨折が認 められます。
術前前後像術前側方像


術中写真


術後レントゲン

術後前後像術後側方像


抜スクリュー実施後レントゲン

抜スクリュー後前後像抜スクリュー後側方像


抜スクリュー実施1年後のレントゲン

抜スクリュー実施1年後前後抜スクリュー実施1年後側方像



ページの先頭へ

症例12:
トイプードル 9ヵ月

術後レントゲン



ページの先頭へ

症例13 ALPS(Advanced Locking Plate System):トイプードル 9ヶ月
右橈骨および尺骨の骨折が認められます。

整復前


術中写真

ALPS(Advanced Locking Plate System)による内固定で整復しました。


整復後


術後2カ月 抜スクリュー実施

抜スクリュー実施前レントゲン実施後レントゲン


ページの先頭へ



症例14 ALPS(Advanced Locking Plate System):ミニチュアプードル、9ヵ月齢、オス

術前レントゲン

両側の橈骨および尺骨の遠位に骨折が認められます



術後レントゲン

ALPS(Advanced Locking Plate System )による整復手術を実施しました



ページの先頭へ



症例15 ALPS(Advanced Locking Plate System):トイプードル、2歳齢、オス

術前レントゲン

左側の橈骨および尺骨の遠位に骨折が認められます



術後レントゲン

ALPS(Advanced Locking Plate System )による整復手術を実施しました



ページの先頭へ



症例16 ペルジアン・グリフォン 5ヶ月 オス

術前レントゲン

橈尺骨の手首に近い側での骨折が認められます。





術中写真

橈骨の骨折を、小型犬にも用いることができるLCPS(Locking Compression Plate System)による内固定で整復しました。



術後レントゲン





術後3ヶ月レントゲン





症例17 ボーダーコリー 5ヶ月齢 オス

術前レントゲン

左前肢の橈尺骨骨折が認められます。





術中写真

橈骨の骨折をLCP (Locking Compression Plate)を用いて整復しました。




術後2ヶ月レントゲン

跛行や疼痛もなく、経過観察中です。



症例18 7歳 トイプードル

術前レントゲン

以前整復に用いたプレート下に骨折を認めました。




術後レントゲン

ALPSAvanced Locking Plate System)による整復を行いました。



症例19 雑種犬 6か月

術前レントゲン

橈尺骨骨幹部に変位を伴う横骨折を認めました。




術後レントゲン

ALPSによる整復を行いました。



症例20 豆柴 3か月齢

本症例は若齢での橈尺骨中央部の不完全な横骨折であり、骨折片の変異も認められなかったため、外科手術を行わず一時的な外副子による固定法で管理を行いました。

術前レントゲン

骨折時右前肢の橈尺骨に骨折ラインが認められます。




術後レントゲン

約一ヶ月後骨の癒合が見られ、歩行も良好です。



症例21 雑種犬 9ヶ月齢

術前レントゲン

3ヶ月前の骨折整復に用いたプレートの遠位断端に沿った横骨折が認められました。





術後レントゲン

一度、全てのインプラントを抜去した後、前回あけたスクリューホールを活かした骨折整復を行いました。本症例では、プレートが皮質骨に飲み込まれており、プレート抜去が非常に困難でした。


ページの先頭へ

骨盤骨折

症例1:Mixネコ 推定3歳 メス

術前レントゲン

腸骨、坐骨、恥骨の数か所で骨折を起こし、骨盤狭窄が生じています


術中写真

受傷後長期経過してから生じる骨盤峡窄の予防を目的として、骨折部位の整復とプレート法による腸骨翼の内固定を実施しました。
キルシュナーワイヤーによる観血的整復および固定を実施


術後レントゲン

骨盤腔の適切な空間の維持が可能となりました。現在、排便障害は認められず、経過は良好です。


ページの先頭へ

症例2:プレートによる整復
手術前手術後

ページの先頭へ

症例3:MIX猫 推定1才
仙腸関節脱臼を伴っており脱臼をポジションスクリューで整復し、骨折部位をプレートにより固定
手術前手術後

ページの先頭へ

症例4:MIX猫
右側寛骨尾側 骨盤骨折
手術前手術後1手術後2

ページの先頭へ

症例5:推定10歳 MIX猫

キルシュナーワイヤー2本にて骨折部位を整復
手術前手術後1

ページの先頭へ

椎体骨折・脱臼

Matrix MANDIBLE


AO/ASIFコンセプトのもとに解発された人医用のロッキングプレートシステムです。材質がチタン製で、10°〜15°の角度をつけてロッキングスクリューの設置が可能であり、制限された部位での強固な固定に優れています。



症例:交通事故による椎体脱臼

柴犬:9歳、避妊雌

交通事故直後、胸腰部に激しい疼痛、両後肢に完全麻痺を認め、シェフシェリントン徴候を呈していました。レントゲン検査において、第11-12胸椎間の脱臼が認められました。


脊髄の減圧、脊柱管の再構築・安定化を目的に、片側椎弓切除術およびMatrixMANDIBLE Plateによる椎体固定を実施しました。



肉眼的には脊髄の壊死や変性は認められませんでした。



隣接椎体を架橋するようにプレートを設置しました。

術後レントゲン写真


※当院にはMatrixMANDIBLE Plate以外のロッキングプレートシステムもいくつか用意があり、症例の性格や活動性、骨折部位によって使い分けています。

ページの先頭へ

脛骨骨折

症例1:脛骨粉砕骨折のプレートとラグスクリューによる整復
MIX猫

術前レントゲン



術後レントゲン

正面側面




症例2:脛・腓骨骨折のALPS (Advanced Locking Plate System) による整復
Mix猫 去勢オス 5歳

術前レントゲン


右後肢の脛・腓骨に骨折が認められます。


術中写真

猫の脛・腓骨骨折は、整復手術後の癒合不全が起こり易いとされています。
そのため本症例においては、従来のプレートに比べて安定性が高く、骨折部位の血行障害を最小限に抑える事が可能なALPS(Advanced Locking Plate System)による整復手術を実施しました。
脛骨の骨折部位です。骨折端同士を接合した所です。脛骨骨折をALPSによる内固定で整復しました。



術後レントゲン




症例3:脛・腓骨骨折のラグスクリューとALPS(Advanced Locking Plate System)による整復
トイプードル 未避妊雌 10ヶ月

術前レントゲン



術中写真



術後レントゲン


症例4 スコティッシュフォールド 去勢オス 4歳

術前レントゲン

左脛骨遠位にて斜骨折が認められました。



術中写真

プレートを脛骨内側に設置し、整復を行いました。



術後レントゲン

骨折端同士を接合後、ALPSプレートを、ロッキングスクリューおよびコーテックススクリューを用いて固定しています。


症例5 ロングコートチワワ 避妊メス 07ヶ月

術前レントゲン




術後レントゲン

プレートによる整復に加え、テンションバンドワイヤー法を併用しました。


症例6 トイプードル オス 04ヶ月

術前レントゲン




術後レントゲン

シンセス製のLCPT型プレートによる整復を行いました。



ページの先頭へ

剥離骨折

症例1:踵骨の剥離骨折
トイプードル 6ヶ月

術前レントゲン



術後レントゲン

腱の張力に抵抗するためピンとテンションバンドワイヤーによる固定


ページの先頭へ

中足骨骨折

症例2:キルシュナーワイヤーによる中足骨骨折の整復
3歳 MIX猫

術前レントゲン

正面側面



術後レントゲン


症例1:キルシュナーワイヤーによる中足骨骨折の整復
MIX猫

術前レントゲン

正面側面



術後レントゲン


ページの先頭へ

大腿骨遠位端骨折

症例2:ラグスクリューとキルシュナーワイヤーによる整復
0歳11ヶ月 犬 カニヘンダックスフント

本症例は左後肢大腿骨遠位の成長板付近での骨折を起こしていました。
成長板を障害しないため、ラグスクリューとキルシュナーワイヤーを用いて整復を行いました。

術前レントゲン

正面側面


術中写真


ウルリッヒ骨鉗子で大腿骨骨幹を把持し、小骨把持鉗子で骨折部を固定すると、ラグスクリューやキルシュナーワイヤーを安定して設置することが可能です。骨把持鉗子をどう使うかが手術のポイントとなってきます。

術後レントゲン

正面側面


症例1:キルシュナーワイヤーのピンニングによる整復
1歳9ヶ月 MIX 猫

整復法はラッシュピン、ピンニング、テンションバンド、プレート法などがあり、損傷状態に合わせて単独もしくは組み合わせて強固に整復することが推奨されています。

術前レントゲン

術前術前



術後レントゲン

術後術後


ページの先頭へ

成長版骨折

症例1 チワワ 10ヶ月齢

橈骨の成長板骨折が認められました。

術前レントゲン

術前術前



術後レントゲン

術後1か月で骨癒合が認められました。
術後術後


外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の整形外科疾患その他の整形外科疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
避妊・去勢避妊・去勢
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
リハビリテーションリハビリテーション
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
こいぬ科こいぬ科
こねこ科こねこ科
シニア科シニア科
歯科歯科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)
スタッフインタビュスタッフインタビュ







ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です



動物取扱業登録番号

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)