ほんどバナー201706.pngほんどバナー201706.png

病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス ご案内

歯科

口臭、物を食べるときに口を気にする、頬の辺りが隆起してきた等の症状が見られた際は、口腔内疾患に罹っている可能性があります。当院では様々な口腔内疾患の治療を行っています。

歯科治療の流れ

歯科・口腔疾患の治療は、一般的に以下のような流れで治療を行います。

1.診察

身体検査を行います。次に口腔内を診察し、歯肉の状態や歯垢・歯石の付着度合い、歯の噛み合わせ、口腔内のしこりなどをチェックします。

乳歯遺残左上顎乳犬歯の遺残破折左上顎第4前臼歯の破折



2.術前検査

犬や猫の歯科処置・口腔内手術を実施するには全身麻酔が必要です。全身麻酔下での処置・手術が可能かどうか、血液検査やX線検査などの健康診断を行い、健康状態や基礎疾患の有無、およびその程度を確認します。

3.手術の予約

歯科処置の手術は予約制です。
術前検査で基礎疾患が認められた場合、状況によっては歯科処置の実施が不可能となることがあります。その基礎疾患が治療によって改善あるいは軽減され、全身麻酔下での処置が可能となれば、歯科処置を実施することができます。

4.口腔内の精査

麻酔をかけた後、歯周プローブを用いて歯肉の炎症の程度、歯垢や歯石の付着度合い、歯の動揺の有無や、歯周ポケットの深さなどの口腔内の状態を検査します。

プロービング歯周プローブによるプロービング



5.口腔内レントゲン検査

麻酔下で口腔内の詳細な情報を得るためレントゲン検査を行います。

デジタル歯科レントゲンセンサーデジタル歯科レントゲンセンサーポータブルレントゲン照射装置ポータブルレントゲン照射装置口腔内レントゲン写真口腔内レントゲン写真


撮影した口腔内のレントゲン画像腹部や胸部を撮影する一般的なレントゲンと比較して、歯とその周囲組織の鮮明な画像を得ることが可能です

6.歯科治療・手術

口腔内検査やレントゲン検査で得られた情報を元に歯科治療・手術を行います。

小動物歯科ユニット小動物歯科ユニット歯科治療に用いる器具・器材歯科治療に用いる器具・器材


小動物歯科用ユニット高速エアタービン、マイクロモーター、超音波スケーラー、スリーウェイシリンジ、バキュームシリンジが1台に装備されています。

加藤波留


重度の歯周病症例多くの歯は脱落し、残存歯歯石歯垢が重度に沈着しています



加藤波留フラップ縫合


残存歯の抜歯を行い、上顎犬歯抜歯窩を閉鎖するための歯肉粘膜フラップを作成し縫合しました


7.ルートプレーニング・ポリッシング

仕上げのクリーニングのために歯肉縁下のルートプレーニングや歯表面の研磨(ポリッシング)を行います。

ポリッシング


ポリッシングラバーカップと研磨剤を用いて歯面の研磨を行います

歯周病Before歯周病after


■歯科治療前と治療後
上の写真は同一症例です。歯石と歯垢が付着していた歯面が光沢を取り戻し、口腔内は清潔になりました。

8.ホームデンタルケア

口腔内の健康状態を保つ最良の方法は、ご自宅での日々の歯磨きです。少しづつ慣れさせ、上手に歯磨きできるようにトレーニングしていきましょう。

ページの先頭へ

乳歯遺残

犬や猫の乳歯は一般的に生後6~7ヶ月までに永久歯に生え変わります。永久歯が萌出していても乳歯が抜けずに併存している状態を乳歯遺残と言います。乳歯遺残はマルチーズ、トイ・プードル、ヨークシャーテリア、ポメラニアンなどの小型犬に多く、主に上顎犬歯や下顎犬歯に発生します。乳歯と永久歯の併存が長期間に及ぶと不正咬合や歯周病の原因になるため、早期に乳歯抜歯を行います。また乳歯が破損している場合も、その永久歯に感染が及ぶため抜歯が早期の抜歯が必要になります。

乳歯遺残乳歯遺残抜歯乳歯抜歯乳歯

ページの先頭へ

歯周病(歯肉炎/歯周炎)

歯周病.jpg


重度の歯石沈着と歯周炎。歯肉は化膿しており、臼歯の多くは周囲組織の破壊が進み動揺しています。

3歳以上の犬や猫の80%には何らかの歯周病(歯肉炎/歯周炎)があると言われています。

歯周病とは

唾液成分や食物残渣のタンパク質、口腔内細菌(好気性菌)により、歯の表面(エナメル質)に歯垢が形成されます。歯垢は数日かけて分厚くなり石灰化して歯石を形成します。歯石は蓄積していくと歯肉を刺激し、歯肉縁下では酸素が不足し嫌気性細菌が増殖するようになり、歯肉炎を起こし歯肉に発赤が見られます。歯肉炎が進行していくと、歯肉縁下の嫌気性細菌が作り出す内毒素(エンドトキシン)が歯周囲の組織破壊と骨の吸収を示す歯周炎を引き起こします。歯周炎による組織破壊が進行すると、顎骨の骨吸収による骨折、鼻と口腔に病的連絡路が形成されてしまう口腔鼻腔瘻や眼の下の皮膚が貫通し膿を排出する根尖膿瘍/外歯瘻を引き起こすことがあります。

治療

重症度により様々ですが、軽度の歯肉炎の場合はスケーリング処置を行います。重度の歯周炎の場合はスケーリング処置に加えて、感染病巣の排除のために、周囲組織が破壊されている歯の抜歯を行います。いずれにせよ、日々のデンタルケアが非常に重要です。

スケーリング前.jpgスケ―リング前スケーリング後.jpgスケ―リング後


ページの先頭へ

根尖膿瘍(外歯瘻)

歯の根元の部分(根尖部)に感染性の炎症が起こり、膿が貯まる病気で、犬の眼下の排膿/瘻管形成としてしばしば認められます。歯の破折や齲歯、咬耗などにより歯髄が露出し、感染性歯髄炎を起こした場合や歯周病の根尖部への波及により生じます。細菌感染が全身に及ぶと他の臓器が侵されることもあります。治療は、感染病巣の排除のために関連歯の抜歯とスケーリング(歯石除去)、抗菌剤や消炎鎮痛剤の投与を行います。

ページの先頭へ

猫の口内炎

猫の口内炎は歯石やカリシウイルス感染症、猫白血病ウイルス・ネコ免疫不全ウイルスによる免疫抑制状態など様々な原因により起こります。純血種に好発傾向があると言われています。悪化すると、唾液が多い、口臭がひどい、痛みでものが食べられないなどの症状が出ることがあります。治療は抗生物質やスケ―リング(歯石除去)、抜歯などを行いますが、反応率は個体によって様々で改善が無い場合は長期的に投薬が必要になる可能性があります。

ページの先頭へ

症例

症例:ヨークシャーテリア、10歳、去勢オス、重度の歯石沈着

A.jpg手術前矢印.psdB.jpg手術後


重度の口臭を主訴に来院された。過度の歯石沈着から、歯肉炎を起こしており、殆どの歯が動揺していたため、抜歯を含めた歯科処置を実施した。処置後はクリンダマイシンを投薬しており、口腔内ケアの指導も併せて行った。この症例は僧帽弁閉鎖不全症を併発しており、口腔内ケアを疎かにすると感染性心内膜炎の原因となる可能性もある。今回の歯石除去は心疾患へのアプローチを含めた、トータルケアの一環として有用であると考えられる。

space.png

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の整形外科疾患その他の整形外科疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
軟部外科軟部外科
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
歯科歯科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
その他
犬の健康管理犬の健康管理
猫の健康管理猫の健康管理
リハビリテーションリハビリテーション
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)

byoin_banner.jpgbyoin_banner.jpg
byoin_banner2.jpgbyoin_banner2.jpg


001.jpg001.jpg

002.jpg002.jpg

ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です

003.jpg003.jpg

bn_caloopet.pngbn_caloopet.png


動物取扱業登録番号

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)