ほんどバナー201706.pngほんどバナー201706.png

病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス 病院の案内

関節鏡

現在、膝関節を中心に関節鏡視下診断、鏡視下手術を行なっております。(他の対象関節:肘、肩、股関節など)前十字靭帯、半月板の損傷から来る歩行異常は、内服薬ではなかなか改善が見られないばかりか、二次的に関節炎が進行し状態を悪化させます。早期診断・治療が重要です。

次のような場合、関節鏡検査をお勧めしています。

  1. 触診で膝関節に痛みがある。
  2. レントゲン検査で膝関節にファットバッドサイン(脂肪帯の増殖像=膝関節内炎症サイン)が見られる
  3. お座りの姿勢で、膝が十分に曲げられず、足を投げ出して(あるいは健常側より少し開いて)座る
  4. 歩行状態やレントゲン、MRI,CT検査、関節液検査などから考えて、前十字靭帯損傷などを強く疑う場合


以下に、関節鏡視下手術の流れの一部をご紹介します。

DSCF4199.jpg関節鏡用ドレイプの設置DSCF4202.jpg整形担当臼井獣医師と関節鏡機器DSCF4209.jpgカニューラの設置終了


DSCF4211.jpg関節鏡カメラの組立てDSCF4214.jpg膝関節内の観察スタートDSCF4225.jpgシェーバーを用い関節内の脂肪や断裂した靭帯の処置を行ないます。探子.jpg探子による靭帯の確認


シェーバー.jpgシェーバーによる脂肪体の除去断裂した靱帯.jpg完全断裂した前十字靭帯DSCF4227.jpg関節鏡を用い、断裂した前十字靭帯、損傷した内側半月板の処置後、TTA手術をスタートします




*注意・・・当院での膝関節鏡視下手術は、他の整形外科手術と組み合わせて実施される事が多く、それのみで症状が改善するものではありません。また、歩行検査、触診、レントゲン、CT、MRI、関節液検査なども含めて、総合的な検査を経て実施されます。対象となる場合、それぞれの状態に合わせて説明させて頂いております。(担当:本渡、臼井)

space.png

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の整形外科疾患その他の整形外科疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
軟部外科軟部外科
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
歯科歯科
その他
犬の健康管理犬の健康管理
猫の健康管理猫の健康管理
リハビリテーションリハビリテーション

byoin_banner.jpgbyoin_banner.jpg
byoin_banner2.jpgbyoin_banner2.jpg


001.jpg001.jpg

002.jpg002.jpg

ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です

003.jpg003.jpg

bn_caloopet.pngbn_caloopet.png


動物取扱業登録番号

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)