ほんどバナー201706.pngほんどバナー201706.png

病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス 病院の案内

跛行診断

跛行(ハコウ)とは、歩行運動時の異常な歩様や姿勢のことを言います。跛行は痛みの回避、神経伝達の異常、運動効果器の構造異常、代謝異常などが原因で生じます。人間は動物とは会話ができません。そこで跛行の原因を追究するために獣医師は以下の診断、検査を行います。

photos_162.jpg進行した膝関節の骨関節炎(OA)像photos_162.jpg膝の関節鏡検査の様子


前十字靭帯損傷や膝蓋骨脱臼を長期間放置すると、
この写真のように骨関節炎(OA)が進行し、動物は長期的に関節の痛みに悩まされる事となる。

1.シグナルメント/問診

年齢、品種、性別、体格 、罹患肢の跛行期間、外傷の有無、既往歴、家族歴、運動後に悪化するかなどの動物の個体情報を聴取します。

2.視診/外貌/姿勢の評価

立位における姿勢や頭部の高さ、四肢の負重状態を評価します。

3.整形外科学的検査

歩行検査において歩幅や歩行時の姿勢を診ることにより、異常肢を検出し、負重の度合いを評価します。頭部、脊椎、四肢を触診し、次の段階で爪先から体幹まで、四肢の筋肉量、関節屈伸時の痛み、可動域、関節液の貯留、骨の圧痛などの評価を行い、ストレス負荷試験によって、各関節の細部(腱や靭帯)の異常を検出します。

4.神経学的検査

姿勢反応や脊髄反射、脳神経の検査を行うことにより、運動制御系器官の評価をします。

5.画像検査

  • ■X線
  • レントゲン写真により、骨、関節または周囲軟部組織の構造を評価します。
  • CT
  • X線と比較し、微細な構造の評価が必要な場合に実施します。
  • 関節鏡
  • 低侵襲の手技により、X線やCTでは描出不可能な関節内の構造物(靭帯や関節軟骨)の評価を行います。
  • ■MRI
  • 主に神経学的に異常を示す動物の評価のために実施します。  
  • ■超音波検査
  • 腱や靭帯、関節軟骨の構造を評価する場合に実施します。

6.その他

  • 血液検査
  • CBCや一般生化学の検査により、感染や炎症、代謝異常の検出を行います。また特殊な疾患が疑われる場合には炎症性蛋白、リウマチ因子などの計測も行います。  
  • 関節液
  • 関節液内の細胞成分を診ることにより、主に免疫介在性関節炎の鑑別を行います。  
  • 内分泌検査
  • 甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症などの代謝異常を評価するためにこれらのホルモンの分泌を検査することもあります。

space.png

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の関節疾患その他の関節疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
軟部外科軟部外科
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
歯科歯科
その他
犬の健康管理犬の健康管理
猫の健康管理猫の健康管理
リハビリテーションリハビリテーション

byoin_banner.jpgbyoin_banner.jpg
byoin_banner2.jpgbyoin_banner2.jpg


001.jpg001.jpg

002.jpg002.jpg

ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です

003.jpg003.jpg

bn_caloopet.pngbn_caloopet.png


動物取扱業登録番号

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)