練馬動物医療センター ホンド動物病院 豊玉病院練馬動物医療センター ホンド動物病院 豊玉病院

病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス ご案内

膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼

股関節形成不全股関節形成不全

椎間板ヘルニア椎間板ヘルニア

前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂

骨折整復術骨折整復術

心臓検診心臓検診

診療科のご紹介

豊玉病院:総合診療科、軟部外科整形外科、リハビリ、神経科
春日町病院:総合診療科、軟部外科、循環器科、内視鏡科、問題行動科
石神井病院:総合診療科、軟部外科、整形外科、リハビリ、内視鏡科、歯科、腫瘍科
※赤文字は特に力を入れている診療科です。

*総合診療科:こいぬ・こねこ科、内科、皮膚科、腎泌尿器科、腫瘍科、神経科、シニア科、ワクチン接種など
*軟部外科:避妊、去勢、消化器科、泌尿器科、腫瘍切除、耳道切除など
*整形外科:チタンプレート使用の骨折手術、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯損傷(TPLO・TTA)、関節鏡手術など
*各病院、大学病院や専門施設で研修経験のある獣医師、看護師がおりセカンドオピニオン(治療方針の見直し)にも対応しております。また、爪切り、耳掃除など処置のみのご利用も可能です。お気軽にご利用下さい。
*当院は練馬区、中野区、杉並区、新宿区、豊島区、北区、世田谷区、渋谷区ほか23区内、長野、群馬、埼玉、千葉、横浜にお住まいの方々からご来院頂いております。整形外科疾患などでご利用の際、紹介状がなくても診察させて頂きますが、遠方からお越しの際は、担当医不在日がございますので、必ず電話連絡の上ご来院下さい。

最新情報

院内セミナー(2019/01/17)

12月7日、1月11日に当院で日本獣医生命科学大学の呰上先生による院内セミナーを行いました。第1回は溶血性貧血の鑑別、治療について、第2回は外科手術における腫瘍組織の取り扱いについて御教授くださいました。がん治療は化学療法、放射線療法、免疫療法、外科療法と様々です。腫瘍によってそれぞれ適した治療法がありますが、治療の選択肢を広げるためには早期発見が重要となります。しかし初期は症状が表れないことも多く、発見が遅れてしまうことがあります。そのため、当院では特に高齢のわんちゃんねこちゃんには定期的な健康診断を勧めています。1,2月は健康診断を目的としたペットドッグをキャンペーン価格で行っております。ぜひご利用ください。また今回の院内セミナーは夜分にも関わらず、他院の先生方にも多くご参加頂きました。この場をお借りして御礼申しあげます。
獣医師 野口

お家で健康チェックをしましょう!(2019/01/16)

わんちゃんねこちゃんの健康管理には、病院での定期的な診察や検査を受けることと、飼い主様がちょっとした異変に気が付くということが大切です。ぜひ、以下のポイントに気をつけて健康チェックをしてみてください。

1.活動性:寝ている時間が増えた、動きたがらない
2.トイレの様子:便の大きさ・色・柔らかさが違う、尿の色が違う・量が多い、頻繁にトイレに行く
3.お散歩の様子:疲れやすくなった、歩き方がおかしい
4.体型:しっかり食べているのに痩せてきている、食べる量は変わらないが太ってきた
5.飲水量:急に飲水量が増えた等

上記のポイントで、少しでも当てはまる様子があれば、受診をお勧めします。 日頃から「健康な状態」を把握しておくことが、病気の早期発見、早期治療に繋がります。ご家庭で気にかけてみてください。
動物看護師 高橋

セミナー参加報告(2019/01/15)

先日、日本小動物がんセンターでの「犬と猫の臨床腫瘍学アップデート」全4回のセミナー受講を終了いたしました。日常見かけることの多いリンパ腫、肥満細胞腫及び乳腺腫瘍の最新の診断法や治療法などについて知識を深めることができました。セミナーで得た情報を日常の診察にも反映させていきたいと思います。あわせて、腫瘍内科のページに肥満細胞腫について更新いたしました。肥満細胞腫は皮膚や皮下にできる腫瘍の中では最も発生率の高い腫瘍です。大型犬やパグによく見られ、中〜高年齢で多いとされます。治療には外科手術や放射線治療など、局所療法が重要となってきます。また、分子標的薬による化学療法を用いる場合もあります。おうちでわんちゃん・ねこちゃんの体を触っていて、できものに気づいた場合はお早めにご相談ください。
獣医師 白石

フードの保存(2019/01/10)

皆様、ドライフードはどのように保存していますか?ドライフードとは、水分が約10%という少ない含有量で作られているフードで、長期保存が可能である事が特徴です。しかし、保存方法を間違えると劣化を早めてしまう可能性があります。例えば、ドライフードを冷蔵保存することで、出し入れの際に袋の内側に結露が生じ、湿気によりカビが生える危険性があります。また、空気や光に曝されることで、油の成分の酸化が進む事もあります。ドライフードは、直射日光・高温多湿を避け、密封して常温で保存しましょう。また、開封後は1ヶ月程度で使い切る事をお勧めします。この機会にフードの保存方法を見直してみてはいかがでしょうか。
動物看護師 佐藤

猫風邪に注意(2019/01/08)

猫は「猫風邪」と呼ばれる人間の風邪症状と似た病気になることがあります。猫の上部気道感染症、猫ウイルス性鼻気管炎と呼ばれる病気で、ヘルペスウイルスなどの元々猫の体に潜伏しているウイルスが原因となります。これらのウイルスは猫の免疫力が落ちた時に症状を呈する為、気温の下がる季節や年末年始の来客など猫にストレスがかかる今のような時期は特に注意が必要です。人間の風邪と同様にくしゃみや鼻水などの症状がみられますが、それらに加えて猫風邪は結膜炎や流涙、眼脂、羞明といった眼の症状がみられることが特徴です。くしゃみや鼻水だけでなく、目やにが出る、眼をしょぼつかせる、眼の開き方が左右で異なるなどの症状がみられる際には、悪化する前にお早目にご来院ください。
獣医師 原田

セミナー報告(2019/01/04)

先日、日本動物病院協会主催のシニアケア講座第1回「老化に伴う行動の変化」に参加して参りました。犬猫も高齢になると人と同様に身体だけでなく、行動にも変化が現れることがあります。近年、犬猫の高齢化に伴い、「高齢性認知機能不全症候群」という人の認知症と類似した症状が見られることが多くなりました。犬猫が高齢性認知機能不全症候群になると、部屋の出入り口がわからなくなる、夜泣きをする、トイレの場所を間違える、徘徊するなどの症状が現れることがあり、症状は加齢と共に進行します。発症すると治療は困難ですが、環境や接し方を改善することで症状を改善することや、進行を遅らせることが可能です。愛犬・愛猫が安心して過ごせるような環境づくりをする、散歩に行く、簡単なトレーニングを行なう、積極的にコミュニケーションを取るなどできることは様々あります。また抗酸化物質を含んだ食事やサプリメントを与えることで、症状が改善することがあります。高齢性認知機能不全症候群は早期に対応することが大切です。当院では早期発見のためのチェックシートをご用意しております。大型犬は7歳、小型犬・猫は10歳を超えたら一度チェックすることをお勧め致します。また7歳以上のシニア犬を対象にシニアクラスを開催しています。クラスではご自宅でできる簡単なトレーニングや部屋の環境改善の方法などをご紹介しています。気になる方はスタッフまでご相談下さい。
動物看護師 浅見

症例報告(2019/01/03)

前十字靭帯断裂のページに前十字靭帯断裂に対してTPLOを実施した症例を追加いたしました。本症例は突然の右後肢跛行を主訴に来院しました。触診・レントゲン検査の結果、前十字靭帯断裂が疑われ、TPLOを実施いたしました。術後1週間で右後肢は負重可能となり、術後1ヶ月検診での歩様はほぼ正常に回復していました。本症例は手術前に、患肢に細菌性皮膚炎が認められていました。その為、抗生剤を投与し皮膚炎が完治した後に手術を行いました。 細菌性皮膚炎は、整形外科手術の合併症である患部の感染リスクを増悪させる可能性があります。当院では、整形外科手術を受けられる方に対して、手術前に動物の全身的なシャンプーと必要に応じて抗生剤の投与をお願いすることで術後合併症リスクの軽減に努めています。
獣医師 池田

皆様、明けましておめでとうございます(2019/01/01)

昨年も多くの皆様に支えられ充実した日々を過ごせました事、心より感謝致しております。鹿児島で有名な池田動物病院で実習をさせて頂いた大学1年の夏、多くの事を学ばせて頂いたあの日から、あっという間に30年の月日が経ちました。池田先生から日常業務のレベルの高さや、新しい治療へのチャレンジ精神を学ばせて頂き、現在でも忘れる事なく、少しでも近づこうと努力し続けております。『基本を大切に、改革し続ける』という事を忘れず、皆様に喜ばれ頼られ続けるよう研鑽を積み重ねて参ります。
院長 本渡豊

症例報告(2018/12/31)

歯科における猫の歯肉口内炎のページに症例を追加しました。(コチラ)本症例は長期にわたる重度の歯肉口内炎の管理が困難であり、外科的処置で対応しました。術後の経過は良く、全身状態の改善が認められました。猫の歯肉口内炎は慢性化することが多く、内科的管理では再発が多く、コントロール困難になることがあります。抜歯による外科的対応が最も効果的であると広く認識されています。愛猫の口臭やよだれ、口内炎が長く続いている場合はお早めにご相談ください。
獣医師 臼井

スマートフォン専用サイトオープン

当院のスマートフォン専用サイトを開設いたしました。スマートフォン端末から当院のWebサイトにアクセルすると、自動的にスマートフォンでの閲覧に適した画面デザインが表示されます。スマートフォン専用サイトにおいても最新情報やキャンペーン情報、しつけ教室の開催日時などをご覧いただけます。是非ご利用下さい。
動物看護師 浅見


過去の最新情報は、コチラから。

今月のキャンペーン

1.スケーリングキャンペーン(歯石除去)

8e958efc95a.jpgワンちゃん・ネコちゃんの歯周病ケアはされていますか?歯周病は、歯と歯肉の間で細菌が増殖し、歯肉の炎症などを起こす病気です。また、重症化すると、歯を支えてる骨(歯槽骨)を溶かしたり、呼吸器・循環器などの全身性疾患に繋がる可能性もあります。特に、3歳以上のワンちゃんは、80%以上が歯周病に罹患していると言われています。口臭や歯石の付着が気になる方は、この機会に歯石除去をお勧め致します。※歯石除去は、全身麻酔下での処置になりますので、まずはお気軽にスタッフまでご相談下さい。


2.ペットドックキャンペーン(健康診断)

犬猫の1年は、人間の4〜6年に相当すると言われています。一見、元気そうに見える子でも、実は病気が隠れている可能性があります。そのため、当院では、人間と同じく、ペットも定期的な健康診断を実施することが大切だと考えています。それぞれの年齢などにあわせて3コースをご用意しております。定期的な健康診断を行うことは、病気の早期発見に繋がる可能性がありますので、是非この機会に、ご検討下さい。※完全予約制となります。※検査内容や費用など、お気軽にスタッフまでご相談下さい。

メールマガジン

qr.pngホンド動物病院のメールマガジンをリニューアルしました!当院からのお知らせやキャンペーン情報など、随時更新致します。登録は「QRコードをスキャン」
あるいは「p-hondo@lifetail-mail.comへ空メールを送信」で簡単に登録できます。登録時には特典も付きますので、お気軽にご登録下さい!



求人案内

春日町病院でパートさんを募集しております。

ご近隣にお住まいで動物が好きな方、一緒に働きませんか?
詳しくは春日町病院までご連絡下さい。

仕事内容:受付・診療の補助、掃除等
時間:平日/8:50~12:30、15:50~19:30 日・祝/8:50~13:30
●週3以上で日数・曜日応相談
●平日の午後、土日・祝働ける方優遇
資格:不要

応募:春日町病院まで、履歴書(写真貼付)をご郵送下さい。応募書類到着後、ご連絡致します。

練馬動物医療センターホンド動物病院 春日町病院
〒179-0074 練馬区春日町3-2-15
03-5971-3033

トリマーさんの募集

当院では豊玉病院と石神井病院で一人で一頭仕上げられるトリマーさんを募集しています。トリミングルームが広く、スタンドドライヤーも完備しているため、トリミングしやすい環境となっています。飼い主様からのご要望が多く、高齢な子や体調の悪い子も安心してトリミングを受けられる施設を一緒に目指して下さる方を募集しています。
ご興味のある方は03-5912-1255まで、お気軽にご連絡ください。

2019年度、新卒獣医師2名、新卒動物看護師2名を募集してます。

当院は練馬区内3病院体制のため、多くの症例を経験することが出来ます。また、大学病院などでの研修経験から、基本に忠実な臨床指導が出来るスタッフが揃っています。見学・実習随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

パピークラス開催日時

パピークラス開催日時

パピークラスは、オリエンテーション1回、実技クラス4回の計5回のクラスになります。以下の日程でオリエンテーションと実技クラスを予定しておりますので、ご都合の良い日程をお選び下さい。日程は随時更新されていきますので、ご都合がつかない日がある場合は今後追加される日程よりお選び下さい。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

場所

豊玉病院

日時

・1/12(土) 14:00〜15:00
・1/19(土) 14:00〜15:00

ご予約の締切日は各クラス開催の2日前となります。
予約制となりますので、スタッフまでご相談下さい。
電話予約の際は、
春日町病院 03-5971-3033
までご連絡下さい。


ページの先頭へページの先頭へ

space.png

診察時間案内


土曜・日曜・祝日も診療をしています。
診察時間棒消しファイル.png
休診日:豊玉病院は月曜日、春日町病院は水曜日、石神井病院は金曜日です。
※受付時間は、平日 (月曜日~土曜日、休診日を除く)8:45~11:45、15:45~18:45、日曜日・祝日8:45~12:45です。
 受付時間内にご来院下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

院長診察日


456.png

院長の午前の診察は10時以降となります。
院長診察をご希望の方は、豊玉病院をご利用下さい。
学会参加などにより不定期に不在になる事がございますので、御希望の獣医師がいらっしゃる場合は、ご来院前にお問い合わせ頂くようお願い申し上げます。
※春日町病院副院長の土肥は火・水曜日、石神井病院副院長の臼井は水・金曜日にそれぞれお休みを頂いております。院長、土肥、臼井以外のスタッフの出勤日に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

救急・急患について

夜間動物救急との提携で、365日対応致します。
夜の散歩中に愛犬が交通事故にあってしまった、真夜中に愛猫が吐き気をもよおし、ぐったりしてしまった等、緊急の際は下記の夜間動物救急へ御連絡下さい。

◎夜間動物救急(往診専門) 03-5941-2552もしくは03-5346-7338 (午後8:00~午前3:00)

◎どうぶつの総合病院夜間診療部 048-229-7299 (午後9:00~午前3:00)
 埼玉県川口市石神815
どうぶつの総合病院

ページの先頭へページの先頭へ

ホンド動物病院の特徴

手術の様子当院の獣医師、看護師は大学の研究室や様々な研究会に所属し、それぞれの専門分野を追求しながら日常診療に当たっております。また、アメリカ、ヨーロッパの整形外科学会やセミナーに参加し外科専門医よりトレーニングを受けた経験を生かし、様々な手術に対応しております。膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂、骨折整復手術、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、消化管内視鏡検査・処置、心臓・腹部超音波検査等は、地域の動物病院からの紹介症例も含め、数多くの治療実績があります。今後も技術の追求のみならず、思いやりのある診療を実践して参ります。


当院の動物看護師の特徴

当院に務める動物看護師の特徴をご紹介致します。

VT資料1.jpgVT資料2.jpgVT資料3.jpg



全ての動物看護師
○4年制大学を卒業しています(日本獣医生命科学大学、帝京科学大学)
○動物看護師統一認定機構による認定動物看護師の資格を取得しています
○それぞれが専門分野(しつけ、リハビリテーション、デンタルケア、シニアケア等)を持ち、業務を担当しています

一部の動物看護師
○ロイヤルカナンのフードアドバイザー資格を取得しています
○大学の研究生となり、定期的に学会発表を行っています
○日本獣医生命科学大学において講義や実習講師を担当しています

以上のように、専門分野を深め、より質の高い情報やサービスを提供できるよう努めております。今後も、獣医師と連携を取り、より皆様に安心してご利用いただける病院を目指して参ります。ご心配な事がございましたらお気軽にお声掛けください。

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の整形外科疾患その他の整形外科疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
避妊・去勢避妊・去勢
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
リハビリテーションリハビリテーション
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
こいぬ科こいぬ科
こねこ科こねこ科
シニア科シニア科
歯科歯科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)

byoin_banner.jpgbyoin_banner.jpg
byoin_banner2.jpgbyoin_banner2.jpg


001.jpg001.jpg

002.jpg002.jpg

ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です

003.jpg003.jpg

bn_caloopet.pngbn_caloopet.png


動物取扱業登録番号

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)