練馬動物医療センター ホンド動物病院 豊玉病院練馬動物医療センター ホンド動物病院 豊玉病院

病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス 求人情報

当面の間、予約診療とさせて頂き、平日・土曜の最終診療受付を18:00までとさせて頂きます。診療をご希望の方は、事前に電話にてご連絡下さいますようお願い致します。当院の感染症対策詳細はコチラをご覧ください。そして、診療の流れを説明するため、コチラのページをご用意しました。ペットに関する新型コロナウイルスの情報については、コチラをご覧ください。

診療の流れ 564897.jpg 1.jpg kasu.jpg 69.jpg 診療の流れ sha.jpg 875985.jpg 8eca905e3.jpg 8eca905e82s.jpg

膝蓋骨脱臼

心臓検診

前十字靭帯断裂

しつけ相談

骨折整復術

歯科

診療科のご紹介

豊玉病院:総合診療科、整形外科軟部外科問題行動科リハビリ、内視鏡科
春日町病院:総合診療科、循環器科軟部外科、内視鏡科
石神井病院:総合診療科、歯科整形外科軟部外科、リハビリ、内視鏡科、腫瘍科
※赤文字は特に力を入れている診療科です。

*総合診療科:こいぬ・こねこ科、内科、皮膚科、腎泌尿器科、腫瘍科、神経科、シニア科、ワクチン接種など
*軟部外科:避妊、去勢、消化器科、泌尿器科、腫瘍切除、耳道切除など
*整形外科:チタンプレート使用の骨折手術、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯損傷(TPLO・TTA)、関節鏡手術など
*各病院、大学病院や専門施設で研修経験のある獣医師、看護師がおりセカンドオピニオン(治療方針の見直し)にも対応しております。また、爪切り、耳掃除など処置のみのご利用も可能です。お気軽にご利用下さい。
*当院は練馬区、中野区、杉並区、新宿区、豊島区、北区、世田谷区、渋谷区ほか23区内、長野、群馬、埼玉、千葉、横浜にお住まいの方々からご来院頂いております。整形外科疾患などでご利用の際、紹介状がなくても診察させて頂きますが、遠方からお越しの際は、担当医不在日がございますので、必ず電話連絡のうえご来院下さい。

最新情報

休診のお知らせ(2021/06/22)

都合により、25日金曜日まで石神井病院を休診させて頂きます。
ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、ご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。
急用の方は、豊玉病院 03-5912-1255もしくは春日町病院 03-5971-3033までご連絡をお願い致します。
院長 本渡

熱中症に注意(2021/06/21)

蒸し暑い日が増えてきましたが、この時期は暑さや湿気に体が慣れておらず熱中症に注意が必要です。呼吸が早い、ヨダレが多い、ぼーっとしている、フラフラして歩けない等の症状は熱中症の初期症状の可能性があります。熱中症が疑われる場合は涼しい場所へ移動する、保冷剤や濡れたタオルで首や脇を冷やす、水を体にかけるといった応急処置が有効です。重症化すると命に関わるリスクが高いため、早急に病院を受診しましょう。
獣医師 相原

ご挨拶(2021/06/19)

この度、私天川は、出産に伴い7/8(木)をもちまして産休、育児休暇を頂くことになりました。天川が不在の間は、佐藤、利根川がパピークラスを引き継ぎますが、その他のクラスについては大変申し訳ありませんがお休みをさせて頂きます。約1年間で復帰の予定をしておりますが、具体的な目処が立ちましたら改めてご報告させて頂きます。7/8までは通常通り対応していく予定ですので、しつけの面でお困りの事がある方はお早めに春日町病院の天川宛にご連絡お願い致します。
動物看護師、JAHA認定しつけインストラクター 天川

症例報告(2021/06/15)

腫瘍外科のページに犬の口腔内悪性黒色腫に対して外科手術を行った症例を追加しました。犬の口腔内悪性黒色腫は犬でよく見られる口腔内悪性腫瘍の1つです。腫瘍周辺組織への浸潤性が高く、リンパ節や肺への転移も高頻度でみられます。腫瘍が見つかった時には病気が進行していることも多いです。治療として外科的切除の他、放射線治療が有用となる場合もあります。口臭、よだれの増加、口腔内出血といった症状が見られた時はお早めにご相談ください。
獣医師 野口

足の裏の毛のお手入れ(2021/06/11)

ご自宅のわんちゃんの足の裏の毛をカットしていますか?毛が伸びすぎると、お家の中のフローリングや階段で滑りやすくなり、怪我のリスクが高まります。また、毛が長いことで通気性が悪くなり、皮膚炎などの病気の原因になる可能性もあります。わんちゃんの足の裏を見て、肉球に被るほど毛が伸びている場合はお手入れが必要なサインです。当院では足の裏の毛のカットのみも承っておりますので、ご希望があればお気軽にお申し付け下さい。
動物看護師 利根川

子宮蓄膿症(2021/06/07)

子宮蓄膿症とは、未避妊雌のわんちゃんの子宮内膜で感染が起こり、子宮の中に膿が溜まってしまう病気です。元気食欲の低下・多飲多尿・子宮が腫れることによる腹部膨満・陰部からの膿の排出がみられることがあります。病態が悪化すると敗血症などを起こし、命に関わることもあるため、病気が見つかった場合は即時治療が必要です。子宮蓄膿症は、発情後1-3ヶ月での発症が多いため、この時期は特に注意が必要です。避妊手術で予防が可能ですので、繁殖の予定がなければ、若い時期の避妊手術をおすすめします。
獣医師 白石

点眼の方法(2021/06/06)

皆さんはわんちゃん、ねこちゃんに点眼するのが難しいと思ったことはありませんか?点眼を行う際は後ろから行う方法がお勧めです。正面から点眼を行うと、わんちゃんねこちゃんが嫌がり、上手に点眼できないことがあります。

方法
①片方の手であごを支えます。
②もう片方の手で点眼薬を持ち、小指で上まぶたを持ち上げながら点眼します。
※横か後ろからアプローチすると、動物が受け入れやすくなります。

おやつを使いながら点眼を行うと、日々の点眼に嫌なイメージが付きにくくなります。ご自宅での点眼が難しい場合は、お気軽にご相談下さい。
動物看護師 杉田

乳腺腫瘍(2021/06/01)

犬の乳腺腫瘍は、未避妊の雌犬においては最も発生の多い腫瘍です。約半数が悪性腫瘍と言われ、経過を見ていく上で急に大きくなったり、出血が見られる場合は注意が必要です。乳腺腫瘍は、早期の発見、手術に治療介入により根治が可能である腫瘍ですので、積極的に治療を受けられることをお勧めします。また、乳腺腫瘍の発生は性ホルモンの暴露に関連、1歳齢未満の避妊手術で乳腺癌のリスクを低下させることが可能です。飼い犬に子供を産ませる予定が無ければ、早期の避妊手術をすることをお勧めします。
獣医師 臼井

便で健康チェック(2021/05/28)

わんちゃんねこちゃんの便を毎日チェックしていますか?便の状態は健康のバロメーターになります。便の固さやにおい、色、量、回数、形に気をつけてチェックしてみましょう。その他にも細長い虫や米粒のような形の寄生虫が付いていることもあります。便の変化から体調不良や病気が見つかることもあります。わんちゃんねこちゃんの健康のために普段から便のチェックをしましょう。
動物看護師 村山

第二十回社内木鶏会(2021/05/27)

先日、第二十回社内木鶏会が終了いたしました。今回は致知5月号【命いっぱいに生きる】をテーマに、著名人たちが人生の苦難の中で見えてきたものや、自分の使命とは何かを学び感想を語り合いました。スタッフの発表から、見返りを求めず行動することの重要性を再認識する事が出来ました。また、常にワンランク上に進むことを意識して、一歩先を行く仕事を行いたいと力強い言葉が飛び交いました。今後も、皆様のために、自分達に与えられた使命を全うし、命いっぱいに尽くしていきたいと思います。
獣医師 池田

猫の三臓器炎(2021/05/25)

十二指腸、膵臓、肝臓の3つの臓器が炎症を起こすとそれぞれ「炎症性腸疾患」「膵炎」「胆管肝炎」と呼ばれ、これらが同時に起こることを三臓器炎といいます。食欲不振・嘔吐・下痢などの症状から始まり、あらゆる年齢の猫でみられる病態です。猫では、膵臓で作られた膵液を流す膵管と、肝臓で作られた胆汁を流す胆管という2本の管が合流した後に、十二指腸につながります。すなわち膵臓・肝臓・十二指腸が図のように全て連結していて、どれか一つの臓器で炎症が発生すると、残り2つの臓器にもその炎症が波及しやすい構造になっています。最初はどこか1か所の炎症で、軽い症状であっても炎症が他臓器に波及し、こじらせてしまうと命に関わることがあります。症状に気が付いたら出来るだけ早くご相談いただけると重症化を防げるかもしれません。
獣医師  土肥

体型チェック(2021/05/21)

皆さんはわんちゃんねこちゃんの体型チェックを行っていますか?脇腹を触った時に肋骨が軽く触れる、上から見た時に腰にくびれがあるのが理想の体型です。肋骨が浮き出ていたり、身体に触れた時にしっかり骨を触れる場合は痩せている可能性があります。逆に、脂肪が邪魔をして肋骨が触れない、くびれがなく背中が平らに見えるのは肥満と言えるでしょう。肥満は病気になるリスクが高まる危険性があります。また、元気で食欲があっても痩せている場合は、何か病気が隠れているかもしれません。是非この機会に、体型チェックを行って日々の健康管理に努めましょう。
動物看護師 町田

毛包虫(ニキビダニ)症(2021/05/17)

皮膚に常在している毛包虫が過剰に増殖すると、赤みやフケ、脱毛が認められます。状態が悪化した場合、痒みが生じたり、潰瘍化することもあります。毛包虫が過剰に増える要因として、遺伝、ストレス、免疫抑制、内分泌疾患、腫瘍性疾患などが挙げられます。基礎疾患がある場合、その治療を行っていくことが重要ですが、ノミ・ダニ予防薬を使うことで、増殖した毛包虫を駆除することも出来ます。寄生虫の感染増殖は、多くの場合、身体にとって大きな負担となります。気になる症状がありましたら、お早めにご相談下さい。
獣医師 池田

換毛期(2021/05/14)

換毛期とは毛が生え変わる時期のことで、犬猫は一般的に春と秋に迎えます。春の換毛は夏に向けての暑さ対策として下毛が抜け落ちます。抜け毛を放っておくと毛玉ができやすくなったり、グルーミングが多い猫は舐め取ってしまう毛の量が増え毛球症のリスクが上がります。そのようなトラブルを予防するため、換毛期はブラッシングやシャンプー等のお手入れを強化し、皮膚の環境を整えましょう。
動物看護師 田中

腎臓機能の検査 SDMAについて(2021/05/11)

腎臓機能評価の血液検査として、BUN(尿素窒素)、クレアチニンという項目に加え、近年SDMA(対称性ジメチルアルギニン)という検査項目が実施されています。従来の血液検査は腎機能が75%以上低下すると数値が上昇しはじめます。一方でSDMAは腎機能が約40%低下した時点で上昇するため、腎臓病を早期発見するための有用な血液マーカーと言われています。従来の項目と合わせて数値を確認していくことで、初期では症状で気づきにくい腎臓の異常を発見できる可能性があります。現在春の血液検査キャンペーンを実施しております。SDMAを測定するコースもありますのでぜひこの機会に健康診断として利用してみてはいかがでしょうか。
獣医師 相原

過去の最新情報は、コチラから。

新型コロナ感染症対策

ご来院の皆様へ重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対策として、現在当院では以下のように対策を行なっております。
ご不便をお掛けしますが、感染拡大の防止ならびに安全な診療を継続する為、ご理解ご協力の程、よろしくお願い致します。

■ご来院される皆様へ
予約診療の実施
当面の間、予約診療とさせて頂き、平日・土曜の最終診療受付を18:00までとさせて頂きます。診療をご希望の方は、事前にお電話にてご連絡下さいますようお願い致します。救急対応や慢性疾患での通院が必要な患者様を優先させて頂きます。爪切りやシャンプーなどの急を要さない用件でのご利用はしばらくの間お控えください。また、多くの方との接触を避けるために、ひと家族につき、患者動物の状況がわかる方おひとりでのご来院にご協力をお願い致します。

ご来院される皆様へのお願い
発熱や咳などの症状が見られましたら、来院をお控えください。また症状が認められない方であっても、院内ではマスクの着用をお願い致します。


■院内での感染予防対策
院内の感染予防対策として、以下のことを実施しております。

①手洗いの励行・消毒の徹底
当院スタッフは、手洗い・消毒の頻回の実施を徹底しております。

②マスクの着用
ご来院される皆様の健康と安全ならびに公衆衛生を考慮し、当院スタッフは全員マスクを着用しております。

③アルコール・次亜塩素酸水での各所の消毒
アルコール・次亜塩素酸水を用いて、正面入り口の自動ドア、受付台、待合室、診察室などの消毒を定期的に実施しております。

④次亜塩素酸空間除菌装置の設置
次亜塩素酸空間除菌装置を各院内に設置し、院内空気を清浄化しております。
当院の次亜塩素酸は人体に無害な噴霧専用タイプを使用しております。


⑤院内の通気および換気
院内が密閉空間とならないように、正面入り口の扉や、スタッフ出入口を定期的に開放しております。また、状況により診察室の扉を開放して、診療を行っております。

今月のキャンペーン

①血液検査キャンペーン

ワンちゃんはフィラリア症の予防薬を投薬する時期になりました。予防薬を飲む前に、前年の予防が確実に出来ていたかを血液検査でチェックしましょう。また折角の機会ですので、健康診断の血液検査を行ってみてはいかがでしょうか?
健康であることの確認や病気の早期発見に役立つ可能性があります。
ワンちゃんだけではなく、ネコちゃんも検査が可能ですので、ご希望の際は当院スタッフまでお気軽にお申し付け下さい。

② ネコちゃん予防薬キャンペーン

ご自宅のネコちゃんはノミ・ダニ予防を定期的に行っていますか?エアコン等によって室温が一定以上に保たれている最近の環境では、ノミ・ダニが1年を通して存在し、かゆみだけでなく、ネコちゃんの健康に重大な問題をひきおこす恐れがあります。
当院ではノミダニ予防、フィラリア症予防ができるオールインワンタイプの予防薬を扱っております。ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジン

ホンド動物病院のメールマガジンをリニューアルしました!当院からのお知らせやキャンペーン情報など、随時更新致します。登録は「QRコードをスキャン」
あるいは「p-hondo@lifetail-mail.comへ空メールを送信」で簡単に登録できます。登録時には特典も付きますので、お気軽にご登録下さい!


パピークラス開催日時

パピークラス開催日時

パピークラスは、4回以上参加して頂くことをお勧めしています。現時点で以下の日程でクラスを予定しておりますので、ご都合の良い日程をお選び下さい。日程は随時更新されていきますので、ご都合がつかない日がある場合は今後追加される日程よりお選び下さい。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

場所:豊玉病院

開催予定日



529()
6月 5日()
6月19日()
6月26日()

時間: 14:0015:00

※新型コロナウイルス感染者の拡大などの状況により、延期・中止の判断をする場合がございます。

ご予約の締切日は各クラス開催の2日前となります。
予約制となりますので、スタッフまでご相談下さい。

電話予約は、春日町病院:03-5971-3033までお問い合わせください。

ページの先頭へページの先頭へ

診察時間案内



4月8日より当面の間、予約診療とさせて頂き、平日・土曜の最終診療受付を18:00までとさせて頂きます。診療をご希望の方は、事前に電話にてご連絡下さいますようお願い致します。
詳しくはコチラを御覧ください。

土曜・日曜・祝日も診療をしています。
休診日:豊玉病院は月曜日、春日町病院は水曜日、石神井病院は金曜日です。



休診日:豊玉病院は月曜日、春日町病院は水曜日、石神井病院は金曜日です。
※受付時間は、平日 (月曜日~土曜日、休診日を除く)8:45~11:45、15:45~18:45、日曜日・祝日8:45~12:45です。
 受付時間内にご来院下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

院長診察日





院長の午前の診察は10時以降となります。
院長診察をご希望の方は、豊玉病院をご利用下さい。
学会参加などにより不定期に不在になる事がございますので、御希望の獣医師がいらっしゃる場合は、ご来院前にお問い合わせ頂くようお願い申し上げます。
※春日町病院副院長の土肥は水・日曜日、石神井病院副院長の臼井は月・金曜日にそれぞれお休みを頂いております。院長、土肥、臼井以外のスタッフの出勤日に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

救急・急患について

夜間動物救急との提携で、365日対応致します。
夜の散歩中に愛犬が交通事故にあってしまった、真夜中に愛猫が吐き気をもよおし、ぐったりしてしまった等、緊急の際は下記の夜間動物救急へ御連絡下さい。

◎夜間動物救急(往診専門) 03-5941-2552もしくは03-5346-7338 (午後8:00~午前3:00)

◎どうぶつの総合病院夜間診療部 048-229-7299 (午後9:00~午前3:00)
 埼玉県川口市石神815
どうぶつの総合病院


ページの先頭へページの先頭へ


ホンド動物病院の特徴

手術の様子当院の獣医師、看護師は大学の研究室や様々な研究会に所属し、それぞれの専門分野を追求しながら日常診療に当たっております。また、アメリカ、ヨーロッパの整形外科学会やセミナーに参加し外科専門医よりトレーニングを受けた経験を生かし、様々な手術に対応しております。膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂、骨折整復手術、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、消化管内視鏡検査・処置、心臓・腹部超音波検査等は、地域の動物病院からの紹介症例も含め、数多くの治療実績があります。今後も技術の追求のみならず、思いやりのある診療を実践して参ります。


当院の動物看護師の特徴

当院に務める動物看護師の特徴をご紹介致します。


全ての動物看護師
○4年制大学を卒業しています(日本獣医生命科学大学、帝京科学大学)
○動物看護師統一認定機構による認定動物看護師の資格を取得しています
○それぞれが専門分野(しつけ、リハビリテーション、デンタルケア、シニアケア等)を持ち、業務を担当しています

一部の動物看護師
○ロイヤルカナンのフードアドバイザー資格を取得しています
○大学の研究生となり、定期的に学会発表を行っています
○日本獣医生命科学大学において講義や実習講師を担当しています

以上のように、専門分野を深め、より質の高い情報やサービスを提供できるよう努めております。今後も、獣医師と連携を取り、より皆様に安心してご利用いただける病院を目指して参ります。ご心配な事がございましたらお気軽にお声掛けください。

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の整形外科疾患その他の整形外科疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
避妊・去勢避妊・去勢
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
リハビリテーションリハビリテーション
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
こいぬ科こいぬ科
こねこ科こねこ科
シニア科シニア科
歯科歯科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
麻酔科麻酔科
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)
獣医師の先生方へ獣医師の先生方へ
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)
スタッフインタビュスタッフインタビュ







ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です






Instagram
Instagramはじめました。


動物取扱業登録番号

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)