練馬動物医療センター ホンド動物病院 豊玉病院練馬動物医療センター ホンド動物病院 豊玉病院

病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス ご案内

膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼

股関節形成不全股関節形成不全

椎間板ヘルニア椎間板ヘルニア

前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂

骨折整復術骨折整復術

心臓検診心臓検診

診療科のご紹介

豊玉病院:総合診療科、軟部外科整形外科、リハビリ、神経科
春日町病院:総合診療科、軟部外科、循環器科、内視鏡科、問題行動科
石神井病院:総合診療科、軟部外科、整形外科、リハビリ、内視鏡科、歯科、腫瘍科
※赤文字は特に力を入れている診療科です。

*総合診療科:こいぬ・こねこ科、内科、皮膚科、腎泌尿器科、腫瘍科、神経科、シニア科、ワクチン接種など
*軟部外科:避妊、去勢、消化器科、泌尿器科、腫瘍切除、耳道切除など
*整形外科:チタンプレート使用の骨折手術、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯損傷(TPLO・TTA)、関節鏡手術など
*各病院、大学病院や専門施設で研修経験のある獣医師、看護師がおりセカンドオピニオン(治療方針の見直し)にも対応しております。また、爪切り、耳掃除など処置のみのご利用も可能です。お気軽にご利用下さい。
*当院は練馬区、中野区、杉並区、新宿区、豊島区、北区、世田谷区、渋谷区ほか23区内、長野、群馬、埼玉、千葉、横浜にお住まいの方々からご来院頂いております。整形外科疾患などでご利用の際、紹介状がなくても診察させて頂きますが、遠方からお越しの際は、担当医不在日がございますので、必ず電話連絡の上ご来院下さい。

最新情報

症例報告(2018/11/20)

腫瘍内科のページに「前縦隔型リンパ腫の猫の症例」を追加致しました。前縦隔型リンパ腫は、胸部の頭側に位置する前縦隔と呼ばれる部位に発症するリンパ腫です。犬よりも猫に多くみられ、特に猫白血病ウイルス陽性の若い猫に多いとされています。全身状態の低下に加えて、呼吸に関する症状が強くみられることが特徴です。咳や開口呼吸などの明らかな症状を示さないことも多いので注意が必要です。日頃から自宅での呼吸の仕方に気を配ってみましょう。違和感を感じたらお早めにご来院ください。
獣医師 原田

冬のノミ予防(2018/11/16)

冬でもわんちゃん、ねこちゃんにノミ予防が必要なことをご存知でしょうか?以前まで、ノミは暖かい季節にだけ予防すればいいと思われていましたが、実は寒い時期でもノミの被害を受けることがあります。その理由は、ノミが13度以上の気温下であれば寄生・繁殖することができるからです。外が寒くても、人の居る室内が13度以下を下回ることはほとんどありません。ノミにとって家の中は季節に関係なく、過ごしやすい環境になるのです。大事な家族を守るために、一年を通してノミ予防をしましょう。
動物看護師 高橋

学会発表(2018/11/15)

先日、日本動物看護学会第27回大会で、【eラーニングを活用した基礎動物看護実習における学習効果の検討】について、一般演題発表を致しました。日本獣医生命科学大学の基礎動物看護実習では、インターネットを利用した学習コンテンツである「eラーニング」と、少人数で事例に取り組み、事例に含まれている課題を自ら発見解決する「グループワーク」を組み合わせた「ブレンド型」授業を行っています。今回の研究では、アンケートとテスト結果を用いてeラーニングとグループワーク、ブレンド型授業が学生の知識や技術習得にどのように関連しているかを検討しました。その結果、技術テストの高得点者はブレンド型授業を好み、グループワークに興味や関心を持っていることが示唆されました。今後も将来の動物看護師を育てるために、動物看護の基礎学習をどのように支援するべきか研究を勧めたいと思います。
動物看護師 山口

股関節形成不全(2018/11/14)

股関節形成不全とは、股関節の発育がうまくいかないため、成長するにつれて股関節の緩みや脱臼・亜脱臼がおこり、進行すると関節の変形や炎症が起きてくる病気です。レトリバー種大型犬に頻繁に見られます。特徴的な症状として左右の腰を振るように歩くモンローウォーク、うさぎ跳びよう様の走行があります。この病気は進行性の疾患であり、根本的な解決には外科手術がです。手術方法は、年齢や後肢の状態により様々ですが、骨盤矯正の骨切り術、大腿骨頭骨頚部の切除術、人工関節置換などがございます。詳しくは当院ホームページの『股関節疾患』をご覧ください。若齢時の早期発見・早期治療が、その後のより良い機能回復が期待できます。気になる方はお早めにご相談ください。
獣医師 臼井

ペットの体重管理について(2018/11/09)

体重管理やお食事のご相談の中で、「この犬種の適正体重は何kgですか?」「このフードは何g与えれば良いですか?」といったご質問を多数お受けします。人と同様に、犬猫にも体の大きさや基礎代謝に個体差がある為、一概にお答えすることができません。まず体重に関しては、「肋骨が軽く触れる位の肉付き」「上から見て腰にくびれができている」を適正な体型とし、この時の体重をその子の適正体重とします。その体型・体重を維持する為に必要な食事量もその子により異なります。まずはフードのパッケージに記載されている量を目安に与えますが、約1ヶ月おきに体重の変化をチェックして量を調整し、その子に必要な食事量を探していくようにしましょう。ダイエットやお食事に関してご心配な点などございましたらお気軽にご相談ください。
動物看護師 佐藤

症例報告(2018/11/07)

骨折整復ページに、若齢犬の橈尺骨骨折(症例17)と猫の脛骨骨折(症例4)を追加いたしました。

症例17は若齢で骨折を経験したため、骨折端の癒合だけでなく、今後の成長に伴う橈尺骨の変形の有無もレントゲンで確認する必要があります。術後2ヶ月のレントゲンでは橈尺骨の変形は認められませんでしたが、術後半年までは注意して観察していく必要があります。

症例4はALPS( Advanced Locking Plate System)による脛骨骨折の整復を行いました。ALPSは、骨折の治療方法のひとつです。特徴として、固定強度が高い、骨表面でおきる血行障害が少ない、感染リスクが低い、などが挙げられます。猫の脛骨骨折では骨の癒合不全が起こりやすいと言われているため、本症例ではALPSを適応しました。

当院は動物の種類や大きさ、性格などを考慮し、その子に合った最適な整復を行っています。骨折だけでなく、整形外科疾患でお困りの方はご相談だけでも受け付けております。是非一度ご来院ください。

呼吸器感染症(2018/11/06)

肌寒い日が増え暖房機器の活躍する季節がやってきました。暖房の効いた部屋は乾燥しやすく、また換気が不十分になりがちです。冬は寒さで免疫が低下しやすい季節ですが、暖房機器による空気の乾燥は鼻やのどの粘膜のバリア機能を低下させるため、ますます細菌やウイルスに感染しやすい状況となります。犬や猫には人のような風邪や季節性インフルエンザはありませんが、 犬では犬伝染性気管炎、猫では猫ウイルス性鼻気管炎という、風邪によく似た症状(咳・くしゃみ・鼻水など)を起こす呼吸器感染症があります。加湿を心がける、ワクチン接種で重症化を予防する、など対策をしてください。症状に気がついたら、特に子犬子猫・高齢期の子は早めの受診をお願いします。
獣医師 土肥

歯科学・口腔外科学コース修了(2018/11/05)

DSC_0354.jpg去年から受講していましたImprove Internationalによる13回に及ぶ小動物歯科学・口腔外科学コースを修了いたしました。本コースでは、口腔や顔面の疾患の外科治療に関して7人の海外の専門医から指導を受け、最新の知識や技術を学ぶことができました。今後もコースで学んだことを診療で活かせるよう努めて参ります。歯周病を中心とした口腔内疾患は、非常に罹患率の高い病気です。口臭や歯の汚れなど気なることがございましたらお早めにご相談ください。
獣医師 臼井


狂犬病予防接種(2018/11/02)

ご自宅のワンちゃんは今年度の狂犬病予防接種を受けましたか?日本では年に一度の狂犬病予防接種が義務付けられています。当院では1年を通して予防接種を受け付けております。また練馬区にお住まいの方を対象に今月末まで、狂犬病予防接種に関する手続きを区から代行して行っています。代行手続きをご希望の場合は、区から届くハガキを忘れずにご持参のうえお早めにご来院下さい。狂犬病は犬だけでなく人を含めた全ての哺乳類に感染し、発症すると犬も人もほぼ100%死亡する恐ろしい病気です。現在日本では、狂犬病の国内発生は抑えられていますが、いつ発生してもおかしくない状況です。狂犬病の予防注射は、愛犬を守るだけでなく、危険な伝染病のまん延を防ぐ目的もあります。今年度も忘れずに狂犬病予防接種を受けましょう。
動物看護師 浅見

スマートフォン専用サイトオープン

当院のスマートフォン専用サイトを開設いたしました。スマートフォン端末から当院のWebサイトにアクセルすると、自動的にスマートフォンでの閲覧に適した画面デザインが表示されます。スマートフォン専用サイトにおいても最新情報やキャンペーン情報、しつけ教室の開催日時などをご覧いただけます。是非ご利用下さい。
動物看護師 浅見


過去の最新情報は、コチラから。

今月のキャンペーン

秋の血液検査キャンペーン

季節の変わり目は、人と同様に、ワンちゃん・ネコちゃんも体調を崩しやすい時期です。健康診断として1年に1回の血液検査をおすすめします。特に、秋の血液検査キャンペーンでは、ネコちゃんを主役にお得な検査を充実させていますので、是非ご検討下さい。

シニア健診キャンペーン

犬猫の1年は、人間の4〜6年に相当すると言われています。一見、元気そうに見える子でも、実は病気が隠れている可能性があります。そのため、当院では、人間と同じく、ペットも定期的な健康診断を実施することが大切だと考えています。今回は7歳以上の中年齢以上のわんちゃん、ねこちゃんを対象にシニア健診キャンペーンを設けました。高齢期に起こりやすい病気がチェックできるコースを用意しています。是非この機会にご検討下さい。

メールマガジン

qr.pngホンド動物病院のメールマガジンをリニューアルしました!当院からのお知らせやキャンペーン情報など、随時更新致します。登録は「QRコードをスキャン」
あるいは「p-hondo@lifetail-mail.comへ空メールを送信」で簡単に登録できます。登録時には特典も付きますので、お気軽にご登録下さい!



求人案内

春日町病院でパートさんを募集しております。

ご近隣にお住まいで動物が好きな方、一緒に働きませんか?
詳しくは春日町病院までご連絡下さい。

仕事内容:受付・診療の補助、掃除等
時間:平日/8:50~12:30、15:50~19:30 日・祝/8:50~13:30
●週3以上で日数・曜日応相談
●平日の午後、土日・祝働ける方優遇
資格:不要

応募:春日町病院まで、履歴書(写真貼付)をご郵送下さい。応募書類到着後、ご連絡致します。

練馬動物医療センターホンド動物病院 春日町病院
〒179-0074 練馬区春日町3-2-15
03-5971-3033

トリマーさんの募集

当院では豊玉病院と石神井病院で一人で一頭仕上げられるトリマーさんを募集しています。トリミングルームが広く、スタンドドライヤーも完備しているため、トリミングしやすい環境となっています。飼い主様からのご要望が多く、高齢な子や体調の悪い子も安心してトリミングを受けられる施設を一緒に目指して下さる方を募集しています。
ご興味のある方は03-5912-1255まで、お気軽にご連絡ください。

2019年度、新卒獣医師2名、新卒動物看護師2名を募集してます。

当院は練馬区内3病院体制のため、多くの症例を経験することが出来ます。また、大学病院などでの研修経験から、基本に忠実な臨床指導が出来るスタッフが揃っています。見学・実習随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

パピークラス開催日時

パピークラス開催日時

パピークラスは、オリエンテーション1回、実技クラス4回の計5回のクラスになります。以下の日程でオリエンテーションと実技クラスを予定しておりますので、ご都合の良い日程をお選び下さい。日程は随時更新されていきますので、ご都合がつかない日がある場合は今後追加される日程よりお選び下さい。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

場所

豊玉病院

日時

・11/3(土)   15:00~16:00
・11/11(日)   15:00~16:00
・11/25(日)   15:00~16:00

ご予約の締切日は各クラス開催の2日前となります。
予約制となりますので、スタッフまでご相談下さい。
電話予約の際は春日町病院(03-5971-3033)までご連絡下さい。


ページの先頭へページの先頭へ

space.png

診察時間案内


土曜・日曜・祝日も診療をしています。
診察時間棒消しファイル.png
休診日:豊玉病院は月曜日、春日町病院は水曜日、石神井病院は金曜日です。
※受付時間は、平日 (月曜日~土曜日、休診日を除く)8:45~11:45、15:45~18:45、日曜日・祝日8:45~12:45です。
 受付時間内にご来院下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

院長診察日


456.png

院長の午前の診察は10時以降となります。
院長診察をご希望の方は、豊玉病院をご利用下さい。
学会参加などにより不定期に不在になる事がございますので、御希望の獣医師がいらっしゃる場合は、ご来院前にお問い合わせ頂くようお願い申し上げます。
※春日町病院副院長の土肥は火・水曜日、石神井病院副院長の臼井は水・金曜日にそれぞれお休みを頂いております。院長、土肥、臼井以外のスタッフの出勤日に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

救急・急患について

夜間動物救急との提携で、365日対応致します。
夜の散歩中に愛犬が交通事故にあってしまった、真夜中に愛猫が吐き気をもよおし、ぐったりしてしまった等、緊急の際は下記の夜間動物救急へ御連絡下さい。

◎夜間動物救急(往診専門) 03-5941-2552もしくは03-5346-7338 (午後8:00~午前3:00)

◎どうぶつの総合病院夜間診療部 048-229-7299 (午後9:00~午前3:00)
 埼玉県川口市石神815
どうぶつの総合病院

ページの先頭へページの先頭へ

ホンド動物病院の特徴

手術の様子当院の獣医師、看護師は大学の研究室や様々な研究会に所属し、それぞれの専門分野を追求しながら日常診療に当たっております。また、アメリカ、ヨーロッパの整形外科学会やセミナーに参加し外科専門医よりトレーニングを受けた経験を生かし、様々な手術に対応しております。膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂、骨折整復手術、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、消化管内視鏡検査・処置、心臓・腹部超音波検査等は、地域の動物病院からの紹介症例も含め、数多くの治療実績があります。今後も技術の追求のみならず、思いやりのある診療を実践して参ります。


当院の動物看護師の特徴

当院に務める動物看護師の特徴をご紹介致します。

VT資料1.jpgVT資料2.jpgVT資料3.jpg



全ての動物看護師
○4年制大学を卒業しています(日本獣医生命科学大学、帝京科学大学)
○動物看護師統一認定機構による認定動物看護師の資格を取得しています
○それぞれが専門分野(しつけ、リハビリテーション、デンタルケア、シニアケア等)を持ち、業務を担当しています

一部の動物看護師
○ロイヤルカナンのフードアドバイザー資格を取得しています
○大学の研究生となり、定期的に学会発表を行っています
○日本獣医生命科学大学において講義や実習講師を担当しています

以上のように、専門分野を深め、より質の高い情報やサービスを提供できるよう努めております。今後も、獣医師と連携を取り、より皆様に安心してご利用いただける病院を目指して参ります。ご心配な事がございましたらお気軽にお声掛けください。

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の整形外科疾患その他の整形外科疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
軟部外科軟部外科
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
腎臓内科腎臓内科
腎臓内科腎臓内科
歯科歯科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)

byoin_banner.jpgbyoin_banner.jpg
byoin_banner2.jpgbyoin_banner2.jpg


001.jpg001.jpg

002.jpg002.jpg

ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です

003.jpg003.jpg

bn_caloopet.pngbn_caloopet.png


動物取扱業登録番号

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)