83w83b83_.png83w83b83_.png

病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス ご案内

膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼

股関節形成不全股関節形成不全

椎間板ヘルニア椎間板ヘルニア

前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂

骨折整復術骨折整復術

心臓検診心臓検診

診療科のご紹介

豊玉病院 :総合診療科、整形外科、リハビリ、循環器科
春日町病院:総合診療科、循環器科内視鏡科、問題行動科
石神井病院:総合診療科、整形外科、リハビリ、内視鏡科

*総合診療科:内科、皮膚科、腎泌尿器科、腫瘍科、神経科、ワクチン接種など
*整形外科:チタンプレート使用の骨折手術、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯損傷(TTA)、関節鏡手術など
*各病院、大学病院や専門施設で研修経験のある獣医師、看護師がおりセカンドオピニオン(治療方針の見直し)にも対応しております。また、爪切り、耳掃除など処置のみのご利用も可能です。お気軽にご利用下さい。
*当院は練馬区、中野区、杉並区、新宿区、豊島区、北区、世田谷区、渋谷区ほか23区内、長野、群馬、埼玉、千葉、横浜にお住まいの方々からご来院頂いております。整形外科疾患などでご利用の際、紹介状がなくても診察させて頂きますが、遠方からお越しの際は、担当医不在日がございますので、必ず電話連絡の上ご来院下さい。

最新情報

夏の行楽シーズンの前に(2016/06/24)

皆さん、夏の予定はもうお決まりですか?中にはワンちゃんと一緒にレジャーを楽しんだり、ペットホテルでお留守番をしてもらう方もいらっしゃると思います。自然溢れるレジャーや、他のワンちゃんが集まるペットホテルには、外部寄生虫や命に関わる伝染病の危険性があります。そこで大事なのが予防です。お出かけ前にワクチン接種やフィラリア、ノミ・マダニ予防をしっかりとしておきましょう。また、お出 かけ直前にワクチンを接種すると、慣れない環境で具合が悪くなることがありますので、1週間以上余裕を持ってワクチン接種をしましょう!予防に関してご心配な方はスタッフまでお声かけ下さい。
動物看護師 山口

セミナー報告(2016/06/22)

先日、ロイヤルカナン主催の第2回看護師サークルに参加してきました。看護師サークルとは動物看護師のスキルアップを目的に、他の動物病院の動物看護師の方々と交流を深めながら様々な内容を学ぶ交流会です。学んだ事を患者様に提供できるよう努めて参ります。今回の内容は待合室改善の進め方と肥満に関する栄養学セミナーでした。栄養学セミナーのポイントはペットが健康で長生きするためには食事管理を行い、太らせないことが重要という点でした。太り気味の子は標準体型の子よりも寿命が約2年短くなるといわれています。また、心臓病などの様々な病気になるリスクが高くなることがわかっています。無理なくダイエットを行うには身体に必要な栄養素をきちんと摂取し、満腹感を与えながらカロリーを制限することがポイントです。当院でもダイエットにお勧めの食事をご用意しておりますので、興味がある方はお気軽にお声かけ下さい。
動物看護師 浅見

甲状腺機能亢進症(2016/06/21)

中高齢の猫ちゃんで、食欲はあるのに痩せてきた、よく鳴き落ち着きがない、嘔吐する、被毛の艶が無い、等の症状が見られることはありませんか?このような症状が見られる場合、甲状腺機能亢進症というホルモン疾患の可能性が考えられます。甲状腺機能亢進症は、心臓や腎臓、消化管等に負荷をかけ、放っておくと命に関わる場合もあります。しかし、食事療法や内服による治療によって甲状腺ホルモンのコントロールが可能です。甲状腺機能亢進症は、血液中の甲状腺ホルモン濃度を測定することで診断が出来ます。6月末まで、血液検査キャン ペーンにてお得な価格で甲状腺ホルモン濃度を含めた全身の血液検査が可能です。気になられる方は、ぜひ獣医師にご相談下さい。
獣医師 中川

わんちゃんの認知症予防(2016/06/17)

わんちゃんの認知症予防について考えた事はありますか?近年、動物の高齢化に伴い、認知症になる子が増えている現状があります。認知症予防のポイントは、

①散歩をする
②スキンシップを行う
③五感を刺激する遊びやトレーニングを行う
④サプリメントや食生活でサポートする

などが挙げられます。
高齢になると寝る時間が多くなります。そのため、お散歩、スキンシップ、遊びやトレーニングなどにより、様々な方法で五感を刺激してあげる事が重要です。日常的にハリのある生活を送る事で認知症予防に繋がると言われています。できるところから始めてみましょう。
動物看護師 天川


更新情報(2016/06/13)

神経外科ページに、ミニチュアダックスフンドの頚部椎間板ヘルニアの症例を更新しました。椎間板ヘルニアは、脊椎の椎体と椎体の間にある椎間板という組織が変性、脱出し、脊髄を圧迫する疾患です。ミニチュアダックスフンドは好発犬種として知られています。内科療法でコントロールできることも多いですが、痛みが続く場合や麻痺が強い場合は本症例のように外科療法が必要となります。頚部脊髄はその支配領域に呼吸筋も含まれる為、急性の呼吸困難を起こす可能性があります。特に本症例の様に強い病変が認められる場合は注意が必要です。元気がない、抱くと痛がる、散歩に行きたがらない、震える、足がふらつく等の症状が見られた場合、椎間板ヘルニアの疑いがあります。特に気圧の変化が激しい梅雨の季節は本疾患がよくみられる為注意が必要です。上記の症状がみられましたら、すぐにご相談ください。
獣医師 原田

皮膚病の管理にはシャンプーが大切です(2016/06/09)

梅雨に入り、気温・湿度の高い日が続く季節になりました。この時期は、皮膚の細菌感染症である膿皮症を主体とした皮膚のトラブルが多く見られます。当院では皮膚病治療として、動物の体質に合った薬用シャンプーを使用した自宅での手入れの指導や、病院内で行うマイクロバブルを使用した薬浴処置に力を入れております。抗菌薬やかゆみ止めのようなお薬による治療も重要ですが、シャンプー療法・薬浴処置も皮膚病の管理には非常に有効です。適したシャンプー剤をお探しの方、マイクロバブルにご興味のある方はお気軽にご相談下さい。
看護師 上原

更新情報(2016/06/06)

腫瘍外科のページに、犬の肛門嚢アポクリン腺癌の症例を更新致しました。(コチラ
肛門嚢アポクリン腺癌は、肛門の4時と8時の方向にある肛門嚢に発生する悪性腫瘍です。主に高齢の犬に認められ、猫での発生は稀と言われています。肛門嚢は皮膚の深部に存在するため、腫瘍が発生しても大きくなるまで表面的には確認出来ません。本症例と同様、肛門腺絞りの処置や身体検査の際に偶発的に発見されることが多いです。腫瘍が増大すると手術で完全に摘出することが困難にあることもあり、また、50%以上という高い確率で転移が起こる可能性があることから、見つかった場合は早期に必要な検査や治療を受けて頂くことをお勧め致します。今回御紹介した腫瘍に限らず、腫瘍性疾患は早期発見が重要です。日頃から愛犬・愛猫の体をよく触るように心がけて頂き、しこりを見つけた際は、お早めに御相談下さい。
獣医師 大塚

歯磨き(2016/06/02)

ワンちゃん・ネコちゃんの日常ケアの中でも、「歯磨き」は病気の予防にも繋がりとても重要です。実は、3歳以上のワンちゃんネコちゃんの80%は歯周病にかかっていると言われており、これを放置しておくと歯の根っこに膿がたまり目の下が腫れたり、骨が溶けて鼻に穴が開いてしまう事もあります。さらに痛みを伴う事もあり、その場合ご飯が食べられなくなってしまいます。そうならないためにも、日頃から歯磨きで予防してあげる事が大切です。歯磨きを行うポイントは、まずいきなり磨く事ではなく歯磨きをすることに慣れてもらう事です。歯磨きを成功させるには時間がかかる為、根気良く続けましょう。上手く行かずお困りの際は、スタッフまでご相談下さい。
動物看護師 松本

過去の最新情報は、コチラから。

今月のキャンペーン

①白内障キャンペーン
犬・猫にとって、眼は、人とコミュニケーションをとる上でとても重要な器官です。

最近、夜の散歩を嫌がる、白目が赤くなる、眼が白く見える等の変化はありませんか?特にわんちゃんは、人間と同様、白内障が多く認められます。白内障は進行度により、点眼薬の処方・手術等が必要な場合があります。是非この機会に眼科検診をお受け下さい。


血液検査キャンペーン

ワンちゃんはフィラリア症の予防薬を投薬する時期です。

予防薬を飲む前に、前年の予防が確実に出来ていたかを血液検査でチェックしますが、折角の機会ですので、健康診断の血液検査を行ってみてはいかがでしょう?健康であることの確認や病気の早期発見に役立つ可能性があります。

ワンちゃんだけではなく、ネコちゃんも検査が可能ですので、ご希望の際は当院スタッフまでお気軽にお申し付け下さい。

メールマガジン

qr.pngホンド動物病院のメールマガジンをリニューアルしました!当院からのお知らせやキャンペーン情報など、随時更新致します。登録は「QRコードをスキャン」
あるいは「p-hondo@lifetail-mail.comへ空メールを送信」で簡単に登録できます。登録時には特典も付きますので、お気軽にご登録下さい!



求人案内

2017年度、新卒獣医師2名、新卒動物看護師2名、トリマー2名を募集してます。

当院は練馬区内3病院体制のため、多くの症例を経験することが出来ます。また、大学病院などでの研修経験から、基本に忠実な臨床指導が出来るスタッフが揃っています。見学・実習随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。




ページの先頭へページの先頭へ

space.png

診察時間案内

土曜・日曜・祝日も診療をしています。
日曜・祝日は午後1時までで診療終了ですが、緊急の場合午後5時まで受付を行っております。

平日 手術・検査 日曜・祝日

 

午前9時〜12時 / 午後4時〜7時

午後1時〜4時

午前9時〜午後1時


休診日

豊玉病院は「月曜日」、春日町病院は「」、石神井病院は「金曜日」がお休みです。


ページの先頭へページの先頭へ

院長診察日


※石神井病院担当副院長の臼井は月・金曜日、春日町病院担当副院長の土肥は月・火曜日にそれぞれお休みを頂いております。本渡、臼井、土肥以外のスタッフの出勤日に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。
学会参加などにより不定期に不在になる事がございますので、御希望の獣医師がいらっしゃる場合は、ご来院前にお問い合わせ頂くようお願い申し上げます。


5月より、各病院の院長診察の時間を以下の通り変更致しました。
院長診察は各曜日、午前の診察は10時以降となります。
不定期な不在日がありますので、お電話で確認後ご来院下さい。

201505051.png

ページの先頭へページの先頭へ

救急・急患について

夜間動物救急との提携で、365日対応致します。
夜の散歩中に愛犬が交通事故にあってしまった、真夜中に愛猫が吐き気をもよおし、ぐったりしてしまった等、緊急の際は下記の夜間動物救急へ御連絡下さい。

◎夜間動物救急(往診専門) 03-5941-2552もしくは03-5346-7338 (午後8:00~午前3:00)
◎動物夜間救急医療センター 04-2943-8699 (午後9:00~午前5:00)
 埼玉県所沢市中富南2-27-4日本小動物医療センター内
動物夜間救急医療センター
◎どうぶつの総合病院夜間診療部 048-229-7299 (午後9:00~午前3:00)
 埼玉県川口市石神815
どうぶつの総合病院

ページの先頭へページの先頭へ

ホンド動物病院の特徴

手術の様子当院の獣医師、看護師は大学の研究室や様々な研究会に所属し、それぞれの専門分野を追求しながら日常診療に当たっております。また、アメリカ、ヨーロッパの整形外科学会やセミナーに参加し外科専門医よりトレーニングを受けた経験を生かし、様々な手術に対応しております。膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂、骨折整復手術、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、消化管内視鏡検査・処置、心臓・腹部超音波検査等は、地域の動物病院からの紹介症例も含め、数多くの治療実績があります。今後も技術の追求のみならず、思いやりのある診療を実践して参ります。

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の関節疾患その他の関節疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
軟部外科軟部外科
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
歯科歯科
その他
犬の健康管理犬の健康管理
猫の健康管理猫の健康管理
リハビリテーションリハビリテーション

byoin_banner.jpgbyoin_banner.jpg
byoin_banner2.jpgbyoin_banner2.jpg


001.jpg001.jpg

002.jpg002.jpg

ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です

003.jpg003.jpg

bn_caloopet.pngbn_caloopet.png


動物取扱業登録番号

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)