ほんどバナー201706.pngほんどバナー201706.png

病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス ご案内

膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼

股関節形成不全股関節形成不全

椎間板ヘルニア椎間板ヘルニア

前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂

骨折整復術骨折整復術

心臓検診心臓検診

診療科のご紹介

豊玉病院 :総合診療科軟部外科整形外科、リハビリ、循環器科
春日町病院:総合診療科軟部外科循環器科内視鏡科、問題行動科
石神井病院:総合診療科軟部外科整形外科、リハビリ、内視鏡科

*総合診療科:内科、皮膚科、腎泌尿器科、腫瘍科、神経科、ワクチン接種など
*軟部外科:避妊、去勢、消化器科、泌尿器科、腫瘍切除、耳道切除など
*整形外科:チタンプレート使用の骨折手術、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯損傷(TTA)、関節鏡手術など
*各病院、大学病院や専門施設で研修経験のある獣医師、看護師がおりセカンドオピニオン(治療方針の見直し)にも対応しております。また、爪切り、耳掃除など処置のみのご利用も可能です。お気軽にご利用下さい。
*当院は練馬区、中野区、杉並区、新宿区、豊島区、北区、世田谷区、渋谷区ほか23区内、長野、群馬、埼玉、千葉、横浜にお住まいの方々からご来院頂いております。整形外科疾患などでご利用の際、紹介状がなくても診察させて頂きますが、遠方からお越しの際は、担当医不在日がございますので、必ず電話連絡の上ご来院下さい。

最新情報

歯磨きによる口腔ケア(2017/07/24)

犬猫は口腔内のケアを行わないと急速に歯面に歯垢・歯石が付着し、歯周病になります。最も効果的な口腔ケアは、歯ブラシを使った歯磨きです。食後から約3日で歯石が形成されますので、週3回以上の歯磨きを心がけ、幼犬幼猫の頃から歯磨きを習慣化していきましょう。また歯周病を持つ成犬成猫の場合、日常の歯磨きは強い痛みを伴います。まず歯周病の治療を行い、歯肉炎を正常な歯肉の状態にしてからデンタルケアを開始する必要があります。現在歯科クリーニングのキャンペーン中です。大変お得な内容となってますので、この機会に是非ご利用にください。
獣医師 臼井

犬のクッシング症候群(2017/07/18)

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)は、脳下垂体もしくは副腎皮質の過形成や腫瘍化により、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることで様々な症状が引き起こされる病気です。水をたくさん飲む、尿の量が増える、食欲が増す、毛が薄くなるなどの症状のほか、免疫が低下することにより様々な感染症(皮膚炎・膀胱炎など)を発症しやすくなります。また糖尿病を併発することもあります。予防法はありません。したがって、早期発見・早期治療が大切です。無治療でいると、合併症などで命を落とすこともある怖い病気ですが、適切な治療を続ければ病気とうまく付き合っていける可能性もあります。気になる症状が見られる際にはご相談下さい。
獣医師 土肥

耳のチェックをしましょう(2017/07/13)

暑い日が続き、湿気の多い季節がやって来ました。湿気の多いこの時期は、菌が繁殖しやすく耳のトラブルも多くなります。特に垂れ耳の子は耳の中が蒸れやすく、菌も繁殖しやすいため注意が必要です。ご自宅のわんちゃん・ねこちゃんに、よく耳を掻く、耳を擦り付ける、頭を振るなどの行動が見られることはありませんか。これらは耳が痒い時に見せる症状の1つです。耳が赤く腫れている、ブツブツが出来ている、耳垢が沢山付いている、強い臭いがあるなどの症状は外耳炎の特徴でもあります。このような症状が見られたら病院に連れて行きましょう。慢性化すると治りづらく再発もしやすいため、定期的に耳をチェックし、週に1回程度の耳掃除をしてあげることをお勧めします。綿棒を使用して耳掃除を行うと耳道内を傷付けてしまうことがあるため、指の届く範囲をイヤークリーナーを付けたコットンなどで拭いてあげましょう。
動物看護師 松本

急性膵炎について(2017/07/12)

急性膵炎は、消化酵素の前駆物質として膵臓内に貯蔵された前酵素を含む膵液が何らかの原因で活性化し、膵臓やその周囲の組織を自己消化してしまうことで生じます。症状としては、急な食欲廃絶、嘔吐、腹痛(お腹を丸める、伏せの状態でお尻だけ上げるなど)、下痢や発熱などがあります。程度は様々ですが、重症動物は生命に関わることもしばしばあります。要因には、高脂血症や肥満、糖尿病などがあげられ、ゴミ箱をあさるなどの盗食後に起きやすいとも言われています。過去に膵炎を起こしていたり、高脂血症や肥満の動物は、予防的に低脂肪食を与えることをおすすめします。なにか気になることがございましたら、スタッフまでお気軽にご相談ください。
獣医師 白石

気をつけたい食べ物(2017/07/07)

私たちが普段口にする食べ物の中には、ワンちゃんネコちゃんにとって中毒性のあるものや、過剰摂取で中毒を引き起こす食べ物があります。

・ネギ類:大量に摂取すると、赤血球が破壊され、血尿や下痢、嘔吐、発熱などを起こす恐れがあります。
・キシリトール入りの食べ物(ガムなど):犬が少量でも食べてしまうと、血糖値の低下や嘔吐、肝不全などを引き起こします。
・チョコレート:原料のカカオ豆に含まれる成分が、嘔吐や下痢、発熱、てんかん様の痙攣を引き起こす事があります。

他にも、ぶどうやレーズン、鶏の骨、生の魚介類など、気をつけたい食べ物は沢山あります。ワンちゃんネコちゃんが口にすると危険な物を把握しておく事は、誤って食べてしまうという事故を未然に防ぐ事にも繋がります。日頃から人の食べ物は、ワンちゃんネコちゃんの手や口の届かない場所に保管しましょう。
動物看護師 園部

猫下部尿路疾患(FLUTD)(2017/07/04)

猫下部尿路疾患(FLUTD)とは、猫の膀胱や尿道に何らかの病変が存在することで引き起こされる様々な臨床症状のことを指します。具体的には頻尿、血尿、排尿困難などが挙げられます。FLUTDの原因の10〜30%を占める尿路結石は、尿路に完全あるいは不完全な閉塞をきたし、放置した場合、体内に有害な老廃物が蓄積し、さらに病態が進むと命に関わる危険性があります。頻尿、血尿、排尿困難の他、腹部痛、外陰部を過剰に舐める、食欲不振、嘔吐などが見られた場合、すぐに病院にご来院ください。また、療法食による適切な食事管理、十分な水分の摂取、トイレを清潔に保つことが予防として重要です。気になることがございましたら、お気軽にお声かけください。
獣医師 池田

お口のケアはしていますか?(2017/06/30)

狂犬病ワクチンや健康診断で久しぶりに来院し、歯肉炎や歯石がついていると言われたことはありませんか?わんちゃん、ねこちゃんは、3歳以上の80%の子が歯の病気を抱えていると言われています。歯が汚いと口臭はもちろん、歯の根元に膿がたまり、悪化すると鼻や目の下に穴が空いて膿が出てくる病気にもつながります。また、一度ついてしまった歯石は、麻酔をかけなくてはしっかりと除去することができません。歯石を取ることで、上記の病気を予防することができ、歯石除去後に、歯磨きを続けることで、口腔内を綺麗に保つことができます。当院では7月〜8月までスケーリングキャンペーンを実施しています。デンタルケア商品も、複数ご用意しています。その子にあった商品のご案内も致しますので、詳しくはスタッフまでお尋ねください。
動物看護師 高橋



過去の最新情報は、コチラから。

今月のキャンペーン

スケーリングキャンペーン(歯石除去)



ワンちゃん・ネコちゃんの歯周病ケアはされていますか?歯周病は、歯と歯肉の間で細菌が増殖し、歯肉の炎症などを起こす病気です。また、重症化すると、歯を支えてる骨(歯槽骨)を溶かしたり、呼吸器・循環器などの全身性疾患に繋がる可能性もあります。
特に、3歳以上のワンちゃんは、80%以上が歯周病に罹患していると言われています。口臭や歯石の付着が気になる方は、この機会に歯石除去をお勧め致します。※歯石除去は、全身麻酔下での処置になりますので、まずはお気軽にスタッフまでご相談下さい。

ペットドックキャンペーン(健康診断)

犬猫の1年は、人間の4〜6年に相当すると言われています。一見、元気そうに見える子でも、実は病気が隠れている可能性があります。そのため、当院では、人間と同じく、ペットも定期的な健康診断を実施することが大切だと考えています。
それぞれの年齢などにあわせて3コースをご用意しております。定期的な健康診断を行うことは、病気の早期発見に繋がる可能性がありますので、是非この機会に、ご検討下さい。
※完全予約制となります。※検査内容や費用など、お気軽にスタッフまでご相談下さい。

メールマガジン

qr.pngホンド動物病院のメールマガジンをリニューアルしました!当院からのお知らせやキャンペーン情報など、随時更新致します。登録は「QRコードをスキャン」
あるいは「p-hondo@lifetail-mail.comへ空メールを送信」で簡単に登録できます。登録時には特典も付きますので、お気軽にご登録下さい!



求人案内

春日町病院でパートさんを募集しております。

ご近隣にお住まいで動物が好きな方、一緒に働きませんか?詳しくは春日町病院までご連絡下さい。
仕事内容:受付・診療の補助、掃除等時間:平日/8:50~12:30、15:50~19:30    日・祝/8:50~13:30    ●週3以上で日数・曜日応相談    ●平日の午後、土日・祝働ける方優遇資格:不要応募:春日町病院まで、履歴書(写真貼付)をご郵送下さい。    応募書類到着後、ご連絡致します。

練馬動物医療センターホンド動物病院 春日町病院〒179-0074 練馬区春日町3-2-1503-5971-3033

トリマーさんの募集

当院では豊玉病院と石神井病院で一人で一頭仕上げられるトリマーさんを募集しています。トリミングルームが広く、スタンドドライヤーも完備しているため、トリミングしやすい環境となっています。飼い主様からのご要望が多く、高齢な子や体調の悪い子も安心してトリミングを受けられる施設を一緒に目指して下さる方を募集しています。
ご興味のある方は03-5912-1255まで、お気軽にご連絡ください。

2018年度、新卒獣医師2名、新卒動物看護師2名を募集してます。

当院は練馬区内3病院体制のため、多くの症例を経験することが出来ます。また、大学病院などでの研修経験から、基本に忠実な臨床指導が出来るスタッフが揃っています。見学・実習随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。




ページの先頭へページの先頭へ

space.png

診察時間案内


土曜・日曜・祝日も診療をしています。
診察時間棒消しファイル.png
休診日:豊玉病院は月曜日、春日町病院は水曜日、石神井病院は金曜日です。
※受付時間は、平日 (月曜日~土曜日、休診日を除く)8:45~11:45、15:45~18:45、日曜日・祝日8:45~12:45です。
 受付時間内にご来院下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

院長診察日


456.png
3月より、院長診察の時間を以下の通り変更致しました。

院長の午前の診察は10時以降となります。
院長診察をご希望の方は、豊玉病院をご利用下さい。
学会参加などにより不定期に不在になる事がございますので、御希望の獣医師がいらっしゃる場合は、ご来院前にお問い合わせ頂くようお願い申し上げます。
※春日町病院副院長の土肥は火・水曜日、石神井病院副院長の臼井は水・金曜日にそれぞれお休みを頂いております。院長、土肥、臼井以外のスタッフの出勤日に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

救急・急患について

夜間動物救急との提携で、365日対応致します。
夜の散歩中に愛犬が交通事故にあってしまった、真夜中に愛猫が吐き気をもよおし、ぐったりしてしまった等、緊急の際は下記の夜間動物救急へ御連絡下さい。

◎夜間動物救急(往診専門) 03-5941-2552もしくは03-5346-7338 (午後8:00~午前3:00)
◎動物夜間救急医療センター 04-2943-8699 (午後9:00~午前5:00)
 埼玉県所沢市中富南2-27-4日本小動物医療センター内
動物夜間救急医療センター
◎どうぶつの総合病院夜間診療部 048-229-7299 (午後9:00~午前3:00)
 埼玉県川口市石神815
どうぶつの総合病院

ページの先頭へページの先頭へ

ホンド動物病院の特徴

手術の様子当院の獣医師、看護師は大学の研究室や様々な研究会に所属し、それぞれの専門分野を追求しながら日常診療に当たっております。また、アメリカ、ヨーロッパの整形外科学会やセミナーに参加し外科専門医よりトレーニングを受けた経験を生かし、様々な手術に対応しております。膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂、骨折整復手術、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、消化管内視鏡検査・処置、心臓・腹部超音波検査等は、地域の動物病院からの紹介症例も含め、数多くの治療実績があります。今後も技術の追求のみならず、思いやりのある診療を実践して参ります。

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の関節疾患その他の関節疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
軟部外科軟部外科
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
歯科歯科
その他
犬の健康管理犬の健康管理
猫の健康管理猫の健康管理
リハビリテーションリハビリテーション

byoin_banner.jpgbyoin_banner.jpg
byoin_banner2.jpgbyoin_banner2.jpg


001.jpg001.jpg

002.jpg002.jpg

ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です

003.jpg003.jpg

bn_caloopet.pngbn_caloopet.png


動物取扱業登録番号

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)