練馬動物医療センター ホンド動物病院 豊玉病院練馬動物医療センター ホンド動物病院 豊玉病院

病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス 求人情報

564897.jpg 1.jpg kasu.jpg 69.jpg sha.jpg 875985.jpg 8eca905e3.jpg 8eca905e82s.jpg

膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼

股関節形成不全股関節形成不全

椎間板ヘルニア椎間板ヘルニア

前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂

骨折整復術骨折整復術

心臓検診心臓検診

診療科のご紹介

豊玉病院:総合診療科、整形外科軟部外科リハビリ、内視鏡科
春日町病院:総合診療科、循環器科問題行動科軟部外科、内視鏡科
石神井病院:総合診療科、歯科整形外科軟部外科、リハビリ、内視鏡科、腫瘍科
※赤文字は特に力を入れている診療科です。

*総合診療科:こいぬ・こねこ科、内科、皮膚科、腎泌尿器科、腫瘍科、神経科、シニア科、ワクチン接種など
*軟部外科:避妊、去勢、消化器科、泌尿器科、腫瘍切除、耳道切除など
*整形外科:チタンプレート使用の骨折手術、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯損傷(TPLO・TTA)、関節鏡手術など
*各病院、大学病院や専門施設で研修経験のある獣医師、看護師がおりセカンドオピニオン(治療方針の見直し)にも対応しております。また、爪切り、耳掃除など処置のみのご利用も可能です。お気軽にご利用下さい。
*当院は練馬区、中野区、杉並区、新宿区、豊島区、北区、世田谷区、渋谷区ほか23区内、長野、群馬、埼玉、千葉、横浜にお住まいの方々からご来院頂いております。整形外科疾患などでご利用の際、紹介状がなくても診察させて頂きますが、遠方からお越しの際は、担当医不在日がございますので、必ず電話連絡のうえご来院下さい。

最新情報

皮膚のしこり(2020/01/20)

動物の身体をなでていたり、ブラッシングをしている際に、皮膚にあるしこりに気付いたことはありませんか?しこりの発生原因は、感染による膿瘍や免疫の疾患による肉芽腫、皮膚腫瘍など様々です。動物病院では、犬猫種、年齢、発生部位、外貌、細胞診検査、病理検査などからしこりの正体を突き止めていきます。気になるしこりがある場合はご相談ください。
獣医師 長岡

ワンちゃんの痛みのサイン(2020/01/16)

ワンちゃんの痛みのサインに気付いていますか?ワンちゃんは痛みを抱えていてもあまり表に出さず、痛みに気付いてあげることが困難です。主な痛みのサインには、・食欲不振・元気がなくなる・動かず、じっとしている・呼吸が浅くなる、などが挙げられます。また関節痛が疑われる場合には、・散歩に行きたがらない・足を引きずったり挙げたりしている、腹痛が疑われる場合には、・体をくの字に曲げているなど、痛みの原因によってサインは様々です。ワンちゃんの様子を観察して、サインに気付いてあげましょう。
動物看護師 村山

鼻汁(2020/01/13)

犬の鼻はしっとりと濡れているのが正常ですが、常に鼻汁が垂れている、黄色っぽい鼻汁がでるなどの症状が見られる場合は注意が必要です。鼻汁が出る原因は様々で、アレルギーや感染症、歯牙疾患の波及や異物の鼻腔内の混入等が考えられます。鼻腔内に腫瘍があると鼻血が混ざることもあります。くしゃみが多い、鼻汁が垂れているなど、気になる点がございましたらお気軽にご相談ください。
獣医師 白石

体型チェック(2020/01/10)

皆さんはわんちゃんねこちゃんの体型チェックを行っていますか?脇腹を触った時に肋骨が軽く触れる、上から見た時に腰にくびれがあるのが理想の体型です。肋骨が浮き出ていたり、身体に触れた時にしっかり骨を触れるのは痩せており、肋骨が触れない、くびれがなく背中が平らに見えるのは肥満です。肥満は病気になるリスクが高まる可能性があります。また、健康で食欲があっても痩せすぎは何か病気が隠れているかもしれません。日ごろからわんちゃんねこちゃんの体型を把握して、健康管理に努めましょう。
動物看護師 町田

尿道閉塞(2020/01/07)

尿道閉塞とは、結石や栓子、凝血塊などにより尿道がふさがり、排尿しづらくなる状態を指します。特に雄猫は尿道が細長くカーブしており、詰まりやすい構造をしているので注意が必要です。尿道閉塞が長時間にわたると腎臓に悪影響を及ぼし、命に関わることがあります。排尿姿勢を頻繁にとる、丸一日尿が出ない時は早めにご来院ください。
獣医師 池田

植物による中毒(2020/01/05)

皆さんのお部屋には植物を置いていますか?身近な植物にも、ワンちゃんやネコちゃんが食べてしまうと危険な植物があります。観葉植物として人気のポトスやアイビー、冬によく飾られるシクラメンやポインセチアにも有毒な成分が含まれます。また、ユリ科・ツツジ科・スズラン科に属する植物も毒性が高いので要注意です。 このような植物がお部屋の中にある場合はワンちゃんやネコちゃんが届かない場所に置き、お散歩中に見つけた場合も近付かないように管理しましょう。万が一誤って食べてしまった場合はすぐに病院までご相談下さい。
看護師 佐藤

謹賀新年(令和2年1月1日)

新年明けましておめでとうございます。皆様におかれましては、穏やかに新年をお迎えの事とお慶び申し上げます。当院もこの地で開院して20年目を迎え、日常の内科診療から整形外科、循環器科、歯科、行動診療科と専門科を増やし発展して参りました。これもひとえに多くの飼い主様のお陰と感謝の念に堪えません。現状に甘んじる事無く、本年もスタッフ一丸となり、医療サービス向上に努めて参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。 
院長 本渡

乳歯遺残(2019/12/31)

一般的に、犬は生後5~7ヶ月齢に乳歯から永久歯に生え替わると言われています。乳歯の遺残はチワワやトイプードルなどの小型犬によく認められ、乳歯が脱落しないため歯並びの異常が起こり、隙間に歯垢が溜まり歯周病になってしまったり、噛み合わせの異常が生じる事があります。これらの予防のためには若齢期の適切な時期に乳歯の抜歯を行う必要があります。永久歯が生えてから乳歯が残っている場合はお早めにご相談ください。
獣医師 臼井

猫の飲水量を増やすコツ(2019/12/27)

猫は元々、砂漠地帯で生活していた動物のため、喉の渇きに鈍感で、寒い冬は飲水量が減ることがあります。飲水量が減ると、尿の濃度が濃くなり、膀胱炎や尿石症等の病気に罹りやすくなります。飲水量を増やすためには、部屋を暖かくして寒くて動きたくない環境を作らない工夫や、一カ所ではなく数カ所に新鮮な水を置く、暖かい部屋に水を置く、食事をウェットフードやふやかしフードにする、水ではなくぬるま湯を用意するなどの方法が知られています。水をなかなか飲んでくれない猫ちゃんに、冬の間だけでも是非試してみて下さい。
動物看護師 浅見

慢性嘔吐(2019/12/24)

犬や猫は人と比べるとよく吐く動物です。その原因は、生理現象として心配のないものから、食物アレルギー、誤食や毛玉などの異物、深刻な病気が潜んでいるものまで様々です。一般的な胃腸薬で改善がない場合や、1日に何度も吐く、週に何度も吐く、食欲が落ちた、痩せてきた、などの症状を伴う場合は要注意です。血液検査・レントゲン検査・エコー検査などで原因が見つからない場合は全身麻酔下での内視鏡検査が必要になることもあります。普段から吐きやすいからといってそのままにしておくと、命にかかわることもありますので症状が続く場合はお早めにご相談下さい。
獣医師 土肥

第三回社内木鶏会(2019/12/23)

先日、第三回社内木鶏会が無事に終了いたしました。今回は致知12月号【精進する】をテーマに、著名人たちの成功へのプロセスを学び、得たことを感想文で発表し合いました。スタッフの発表からは、後輩指導や病院理念について改めて考える良い機会であったと感じとることができました。今後も、当院の病院理念である共に生きるを心に、スタッフ一同日々精進して参ります。
動物看護師 山口

潜在精巣(2019/12/17)

通常精巣は成長段階の課程でお腹の中から陰嚢という袋の中へ降りてきます。しかし片方または両方の精巣が陰嚢の中へ降りて来ず、お腹の中や内股の皮膚の下に留まってしまうことがあります。これを潜在精巣と呼びます。潜在精巣は通常の精巣に比べて腫瘍化する可能性が13倍高いと言われています。そのため、腫瘍化する前に去勢手術をする必要があります。生後4~5ヶ月経っても陰嚢内に精巣が2つ触れない場合、潜在精巣の可能性がありますのでお早めに病院にご相談ください。
獣医師 野口

過去の最新情報は、コチラから。

今月のキャンペーン

歯科検診キャンペーン

1月は石神井病院にて、歯科の診察料が無料となっております。

ワンちゃん・ネコちゃんの口の中を見たことはありますか?歯肉が赤かったり、汚れがついていたり、口臭があるときは歯周病の可能性があります。
歯周病は、歯と歯肉の間で細菌が増殖し、歯肉の炎症などを起こす病気です。重症化すると呼吸器・循環器などの全身性疾患に繋がる可能性もあります。一度ついてしまった歯石は、麻酔をかけなくてはしっかりと除去することが出来ません。
まずは歯科診察で口の中がどのような状況なのか確認しましょう。

歯科以外の診療が含まれた場合は、診察料が発生いたします。
獣医師の臼井の診察日を事前にお問い合わせの上ご来院ください。

メールマガジン

ホンド動物病院のメールマガジンをリニューアルしました!当院からのお知らせやキャンペーン情報など、随時更新致します。登録は「QRコードをスキャン」
あるいは「p-hondo@lifetail-mail.comへ空メールを送信」で簡単に登録できます。登録時には特典も付きますので、お気軽にご登録下さい!


パピークラス開催日時

パピークラス開催日時

パピークラスは、4回以上参加して頂くことをお勧めしています。現時点で以下の日程でクラスを予定しておりますので、ご都合の良い日程をお選び下さい。日程は随時更新されていきますので、ご都合がつかない日がある場合は今後追加される日程よりお選び下さい。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

場所

豊玉病院

日時


・1/25(土) 14:00~15:00
・2/2(日)  15:00~16:00
・2/9(日)  15:00~16:00
・2/15(土) 14:00~15:00
・2/29(土) 14:00~15:00

※2月9日は、都合により定員を先着3名、1/30(木)10:00より受付開始となります。ご希望の場合は、受付開始後お早めにご連絡ください。
ご予約の締切日は各クラス開催の2日前となります。
予約制となりますので、スタッフまでご相談下さい。
電話予約は、春日町病院 03-5971-3033
までご連絡下さい。


ページの先頭へページの先頭へ

診察時間案内





土曜・日曜・祝日も診療をしています。

休診日:豊玉病院は月曜日、春日町病院は水曜日、石神井病院は金曜日です。
※受付時間は、平日 (月曜日~土曜日、休診日を除く)8:45~11:45、15:45~18:45、日曜日・祝日8:45~12:45です。
 受付時間内にご来院下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

院長診察日





院長の午前の診察は10時以降となります。
院長診察をご希望の方は、豊玉病院をご利用下さい。
学会参加などにより不定期に不在になる事がございますので、御希望の獣医師がいらっしゃる場合は、ご来院前にお問い合わせ頂くようお願い申し上げます。
※春日町病院副院長の土肥は水・日曜日、石神井病院副院長の臼井は月・金曜日にそれぞれお休みを頂いております。院長、土肥、臼井以外のスタッフの出勤日に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

救急・急患について

夜間動物救急との提携で、365日対応致します。
夜の散歩中に愛犬が交通事故にあってしまった、真夜中に愛猫が吐き気をもよおし、ぐったりしてしまった等、緊急の際は下記の夜間動物救急へ御連絡下さい。

◎夜間動物救急(往診専門) 03-5941-2552もしくは03-5346-7338 (午後8:00~午前3:00)

◎どうぶつの総合病院夜間診療部 048-229-7299 (午後9:00~午前3:00)
 埼玉県川口市石神815
どうぶつの総合病院


ページの先頭へページの先頭へ


ホンド動物病院の特徴

手術の様子当院の獣医師、看護師は大学の研究室や様々な研究会に所属し、それぞれの専門分野を追求しながら日常診療に当たっております。また、アメリカ、ヨーロッパの整形外科学会やセミナーに参加し外科専門医よりトレーニングを受けた経験を生かし、様々な手術に対応しております。膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂、骨折整復手術、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、消化管内視鏡検査・処置、心臓・腹部超音波検査等は、地域の動物病院からの紹介症例も含め、数多くの治療実績があります。今後も技術の追求のみならず、思いやりのある診療を実践して参ります。


当院の動物看護師の特徴

当院に務める動物看護師の特徴をご紹介致します。


全ての動物看護師
○4年制大学を卒業しています(日本獣医生命科学大学、帝京科学大学)
○動物看護師統一認定機構による認定動物看護師の資格を取得しています
○それぞれが専門分野(しつけ、リハビリテーション、デンタルケア、シニアケア等)を持ち、業務を担当しています

一部の動物看護師
○ロイヤルカナンのフードアドバイザー資格を取得しています
○大学の研究生となり、定期的に学会発表を行っています
○日本獣医生命科学大学において講義や実習講師を担当しています

以上のように、専門分野を深め、より質の高い情報やサービスを提供できるよう努めております。今後も、獣医師と連携を取り、より皆様に安心してご利用いただける病院を目指して参ります。ご心配な事がございましたらお気軽にお声掛けください。

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の整形外科疾患その他の整形外科疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
避妊・去勢避妊・去勢
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
リハビリテーションリハビリテーション
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
こいぬ科こいぬ科
こねこ科こねこ科
シニア科シニア科
歯科歯科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)
スタッフインタビュスタッフインタビュ







ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です



動物取扱業登録番号

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)