練馬動物医療センター ホンド動物病院 豊玉病院練馬動物医療センター ホンド動物病院 豊玉病院

病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス 求人情報

当面の間、予約診療とさせて頂き、平日・土曜の最終診療受付を18:00までとさせて頂きます。診療をご希望の方は、事前に電話にてご連絡下さいますようお願い致します。当院の感染症対策詳細はコチラをご覧ください。そして、診療の流れを説明するため、コチラのページをご用意しました。ペットに関する新型コロナウイルスの情報については、コチラをご覧ください。

診療の流れ 564897.jpg 1.jpg kasu.jpg 69.jpg 診療の流れ sha.jpg 875985.jpg 8eca905e3.jpg 8eca905e82s.jpg

膝蓋骨脱臼

心臓検診

前十字靭帯断裂

しつけ相談

骨折整復術

歯科

診療科のご紹介

豊玉病院:総合診療科、整形外科軟部外科問題行動科リハビリ、内視鏡科
春日町病院:総合診療科、循環器科軟部外科、内視鏡科
石神井病院:総合診療科、歯科整形外科軟部外科、リハビリ、内視鏡科、腫瘍科
※赤文字は特に力を入れている診療科です。

*総合診療科:こいぬ・こねこ科、内科、皮膚科、腎泌尿器科、腫瘍科、神経科、シニア科、ワクチン接種など
*軟部外科:避妊、去勢、消化器科、泌尿器科、腫瘍切除、耳道切除など
*整形外科:チタンプレート使用の骨折手術、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯損傷(TPLO・TTA)、関節鏡手術など
*各病院、大学病院や専門施設で研修経験のある獣医師、看護師がおりセカンドオピニオン(治療方針の見直し)にも対応しております。また、爪切り、耳掃除など処置のみのご利用も可能です。お気軽にご利用下さい。
*当院は練馬区、中野区、杉並区、新宿区、豊島区、北区、世田谷区、渋谷区ほか23区内、長野、群馬、埼玉、千葉、横浜にお住まいの方々からご来院頂いております。整形外科疾患などでご利用の際、紹介状がなくても診察させて頂きますが、遠方からお越しの際は、担当医不在日がございますので、必ず電話連絡のうえご来院下さい。

休診のお知らせ

下記の日程は都合により休診とさせて頂きます。 診察をご希望の際は、下記までご連絡下さい。

石神井病院 1月30日(日)・2月12日(土)・2月28日(月)
豊玉病院  3月26日(土)午後

診察をご希望の際は、下記までご連絡下さい。
豊玉病院 03-5912-1255 (3/26 午後 休診)
春日町病院 03-5971-3033
石神井病院 03-6904-7117 (1/30、2/12、2/28 休診)
ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、ご理解の程宜しくお願い致します。

最新情報

シニアクラス(2022/01/21)

当院では7歳以上のワンちゃんを対象にシニアクラスを開催しています。シニア犬は人と同様、若い時に比べると身体や性格に様々な変化が起こることがあります。シニアクラスでは、そのような変化にご家族が戸惑わず楽しく暮らせるように、健康チェックポイントやマッサージの方法など、シニア犬と一緒に暮らす上で重要な情報をご紹介致します。興味がある方はスタッフまでお気軽にお声掛けください。
動物看護師 浅見

第二十七回社内木鶏会(2022/01/20)

先日、人間力を高めるための第二十七回社内木鶏会を開催いたしました。今回は【人生、一誠に帰す】をテーマに、「誠実さ」の大切さについて学び感想を語り合いました。スタッフの発表からは、自分の行動が病院のイメージと直結すると責任感を持っていたり、自分の一日を振り返ることで誠実な仕事につながると襟を正す様子が窺えました。これからも、一人ひとりが「天に対して誠を貫いて生きる」という意識で日々の仕事、人生に取り組んでいけるように努めてまいります。
動物看護師 鶴巻

皮膚のしこり(2022/01/18)

皮膚のしこりは、腫瘍(良性・悪性)と非腫瘍(炎症性疾患や嚢胞など)に分けられます。見た目や大きさを確認したあと、まずは細い針を刺して細胞を取る細胞診検査を行い、大まかな原因を診断します。その後必要であれば麻酔下で切除手術を行い病理検査をすることで確定診断となり、今後の治療方針を決めます。皮膚のしこりが悪性腫瘍の場合命に関わることもあるため、早期発見が重要です。気になることがありましたらお気軽にご相談ください。
獣医師 相原

犬猫の避妊去勢手術の時期について(2022/01/13)

当院では、生後5.6ヶ月齢以降の避妊去勢手術をお勧めしております。避妊去勢手術をすることでいくつかの病気を防ぐことができます。特に女の子の場合は、初回発情前に避妊手術を行うことで、乳腺腫瘍のリスクが90%以上抑えられると言われており、時間が経つにつれて予防率が下がります。男の子の場合も、去勢手術を行うことで前立腺肥大などの病気を予防することができます。

※大型犬の避妊去勢手術の時期は上記と異なることもありますので、詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

動物看護師 鶴巻

子犬・子猫の下痢(2022/01/11)

子犬や子猫の下痢がなかなか治らない…ということはありませんか。主な原因として寄生虫感染、ウイルス感染、食事、環境の変化によるストレスなどがあげられます。下痢が続くと脱水症状を引き起こし命に関わることもあるため、子犬・子猫は特に注意が必要です。治療は駆虫薬や内服の使用の他に、食事管理も重要です。またお腹の虫下しやワクチン接種など、定期的な予防を行い重症化を防ぎましょう。気になる症状がありましたらお早めにご相談ください。
獣医師 野口

療法食とは(2022/01/07)

わんちゃんねこちゃんのフードには「総合栄養食」「療法食」「間食」など様々な種類があります。その中でも療法食とは、特定の病気や健康状態に対応するために、特別に栄養バランスが調整されたフードのことを指します。療法食には尿石症や腎臓病、アレルギーなどに特化したフードがありますが、獣医師の処方が必要となります。また、健康な子が療法食を食べると必要な栄養素が不足することがあるので注意しましょう。お食事でお悩みの方は当院までご相談ください。
看護師 山口

ひも状異物(2022/01/04)

猫は、ひも状のものをおもちゃにして遊ぶことがありますが、遊んでいる間に誤って飲み込んでしまうことがあります。誤飲をしてしまうと頻回の嘔吐や食欲不振につながりますが、ひも状異物の場合は特に、消化管に引っかかることで消化管をアコーディオン状に手繰り寄せてしまい、広範囲での血行障害や壊死につながります。吐き出せたり、便に出てくる場合もありますが、異物の除去には内視鏡や開腹手術が必要になります。猫がひも状のおもちゃで遊んでいる際は目を離さず、誤飲しないよう注意しましょう。
獣医師 白石

冬の散歩(2022/01/01)

一般的にわんちゃんは寒さに強いと言われていますが、短毛種や小型犬は寒さが苦手です。寒い日のお散歩では洋服を着せるなどの防寒対策をしましょう。また、準備運動として室内で遊んでからお散歩に出ると、寒さによる身体への負担が軽減されます。寒いと億劫になりやすいお散歩ですが、肥満予防やストレス解消に繋がります。愛犬の健康を保つために冬でも散歩に出かけるようにしましょう。
看護師 栁澤

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。(2022年1月1日)

昨年も多くの皆様に当院をご利用頂き心より感謝申し上げます。お陰様で練馬春日町で開院させて頂き22年目になりますが、未だ患者様は増え続けております。私共はいつも『飼い主様の立場になる』という事を意識しながら診療に当たっておりますが、本年も謙虚な気持ちを忘れず、皆様に喜んで頂ける診療を目指しスタッフ一丸となり取り組んで参ります。  
院長 本渡

根尖周囲病巣(2021/12/29)


眼窩下の腫脹や外歯瘻による排膿は、犬の第4前臼歯の根尖周囲病巣に見られる最も典型的な症状です。小型犬に多く、歯の破折や慢性化した歯周病からの炎症の波及で生じます。治療法としては、内科治療ではほとんどの場合再発するため、手術による原因歯の抜歯や根幹治療が必要です。日頃から、ホームデンタルケアを心がけましょう。また、顔が腫れたり、歯が折れていることに気づかれた場合はお早めにご相談ください。
獣医師 臼井

オムツの装着(2021/12/24)

ご自宅のわんちゃんねこちゃんはオムツを使ったことはありますか?オムツを使用する機会が最も多いのはシニア期です。しかし、いざ必要となった際に初めて装着しても、うまくいかないことが多くあります。オムツに慣らすためには、まずオヤツ等のご褒美をあげながら短時間で終わらせてあげましょう。将来に備えて、普段の生活からオムツに慣れる練習をすることをおすすめします。気になることがありましたら、お気軽にお声掛けください。
看護師 坂本

クッシング症候群(2021/12/21)

クッシング症候群とは、中高齢期の犬にみられる疾患で、腎臓の隣りにある副腎という臓器からホルモンが過剰に分泌されることにより体全体に悪影響を及ぼす状態です。水をよく飲み尿を多量にする(多飲多尿)・お腹が膨れる(多食、肝臓腫大、筋力低下に伴う)・脱毛する・あえぎ呼吸をする、などの症状から検査をすすめ診断につながります。免疫力が低下し、皮膚炎や膀胱炎、糖尿病などの病気を併発したり、高血圧や血栓症を発症することもあり、突然死の原因の一つとも言われています。愛犬の変化に気付かれた場合は早めに検診を受けていただくことをおすすめします。
獣医師 土肥

冬に多い猫の膀胱炎対策(2021/12/17)

家の冬の寒さ対策はしていますか?特に猫は寒い場所が苦手で、暖かいところを好む傾向があります。室温を20度前後に調整するなど暖かく過ごせるようにしてあげましょう。また、寒いと水を飲む量が減ったり、トイレの回数が少なくなり、膀胱炎や尿石症になりやすいと言われています。水を色々な場所に置いてあげたり、暖かいところにトイレを置くなどの工夫をしてあげましょう。
看護師 上條

第二十七回社内木鶏会(2021/12/16)

先日、人間力を高めるための第二十七回社内木鶏会を開催いたしました。今回は【死中活あり】をテーマに、著名人たちが死中に活を求めてどのように道を切り開いてきたかを学び感想を語り合いました。スタッフの発表からは、自己中心的な考えを脱しようと奮起したり、失敗をしても自分を変えるチャンスになると前向きに捉える姿が目立ちました。今回の勉強会を機に、ホンド動物病院の病院理念を再度スタッフで共有し、オーナー様や患者様に安心と喜びを感じていただけるように努めてまいります。
動物看護師 鶴巻

マラセチア皮膚炎(2021/12/14)

マラセチアとは真菌(カビ)の一種で、健康な動物にも常在しています。このマラセチアが異常に増殖、あるいは過敏に身体が反応した際に皮膚炎が生じます。原因として、犬種による特性、アレルギー、内分泌障害、角化障害、代謝疾患などを背景に抱えていることが多いです。症状としては、耳や指の間、脇、首周り、陰部などに、痒みや脱毛、赤み、ベタつき、また独特の体臭を認めることが多いです。慢性化すると皮膚に色素が沈着して黒ずんだり、分厚くなることもあります。基礎疾患に対する対応、外用薬やシャンプー療法、抗真菌薬の内服などを行い治療していきます。定期的なシャンプーも予防のため重要となりますので、普段の生活からスキンケアを大切にしていきましょう。
獣医師 池田

猫の毛球症予防(2021年12月10日)

毛球症とは、毛繕いによって飲み込んだ毛が消化されないまま胃や腸に詰まり、嘔吐や食欲不振などの引き起こすことをいいます。猫は毛繕いをする習性があり、その際に飲み込んだ毛は、吐き出したり便から出ることもありますが、多くが消化されないまま体内に蓄積されてしまいます。毛球症を予防するためには、こまめなブラッシングや毛玉ケアフードへの変更、またサプリメントなどの使用もおすすめです。当院でも毛球症予防のための商品を取り扱っておりますので、お気軽にご相談下さい。
看護師 内山


過去の最新情報は、コチラから。

今月のキャンペーン

歯科検診キャンペーン

石神井病院にて、歯科の診察料が無料となっております。
ワンちゃん・ネコちゃんの口の中を見たことはありますか?歯肉が赤かったり、汚れがついていたり、口臭があるときは歯周病の可能性があります。歯周病は、歯と歯肉の間で細菌が増殖し、歯肉の炎症などを起こす病気です。重症化すると呼吸器・循環器などの全身性疾患に繋がる可能性もあります。一度ついてしまった歯石は、麻酔をかけなくてはしっかりと除去することが出来ません。まずは歯科診察で口の中がどのような状況なのか確認しましょう。

※歯科以外の診療が含まれた場合は、診察料が発生いたします。
※獣医師の臼井の診察日を事前にお問い合わせの上ご来院ください。

新型コロナ感染症対策

ご来院の皆様へ重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対策として、現在当院では以下のように対策を行なっております。
ご不便をお掛けしますが、感染拡大の防止ならびに安全な診療を継続する為、ご理解ご協力の程、よろしくお願い致します。

■ご来院される皆様へ
予約診療の実施
当面の間、予約診療とさせて頂き、平日・土曜の最終診療受付を18:00までとさせて頂きます。診療をご希望の方は、事前にお電話にてご連絡下さいますようお願い致します。救急対応や慢性疾患での通院が必要な患者様を優先させて頂きます。爪切りやシャンプーなどの急を要さない用件でのご利用はしばらくの間お控えください。また、多くの方との接触を避けるために、ひと家族につき、患者動物の状況がわかる方おひとりでのご来院にご協力をお願い致します。

ご来院される皆様へのお願い
発熱や咳などの症状が見られましたら、来院をお控えください。また症状が認められない方であっても、院内ではマスクの着用をお願い致します。


■院内での感染予防対策
院内の感染予防対策として、以下のことを実施しております。

①手洗いの励行・消毒の徹底
当院スタッフは、手洗い・消毒の頻回の実施を徹底しております。

②マスクの着用
ご来院される皆様の健康と安全ならびに公衆衛生を考慮し、当院スタッフは全員マスクを着用しております。

③アルコール・次亜塩素酸水での各所の消毒
アルコール・次亜塩素酸水を用いて、正面入り口の自動ドア、受付台、待合室、診察室などの消毒を定期的に実施しております。

④次亜塩素酸空間除菌装置の設置
次亜塩素酸空間除菌装置を各院内に設置し、院内空気を清浄化しております。
当院の次亜塩素酸は人体に無害な噴霧専用タイプを使用しております。


⑤院内の通気および換気
院内が密閉空間とならないように、正面入り口の扉や、スタッフ出入口を定期的に開放しております。また、状況により診察室の扉を開放して、診療を行っております。

メールマガジン

ホンド動物病院のメールマガジンをリニューアルしました!当院からのお知らせやキャンペーン情報など、随時更新致します。登録は「QRコードをスキャン」
あるいは「p-hondo@lifetail-mail.comへ空メールを送信」で簡単に登録できます。登録時には特典も付きますので、お気軽にご登録下さい!


パピークラス開催日時

パピークラス開催日時

パピークラスは、4回セットのクラスになります。現時点で以下の日程でクラスを予定しております。日程は随時更新されていきますので、ご都合がつかない日がある場合はご相談下さい。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

新型コロナウイルスの感染状況により延期・中止の判断をする場合があります。

場所:豊玉病院

開催予定日:

第1回 1/15(土)
第2回 1/22(土)
第3回 1/29(土)
第4回 2/05(土)


※しつけインストラクター天川は7/8から産休の為、7/10以降のクラスは佐藤、利根川が担当致します。

ご予約の締切日は各クラス開催の2日前となります。
予約制となりますので、スタッフまでご相談下さい。

電話予約は、春日町病院:03-5971-3033までお問い合わせください。

ページの先頭へページの先頭へ

診察時間案内



4月8日より当面の間、予約診療とさせて頂き、平日・土曜の最終診療受付を18:00までとさせて頂きます。診療をご希望の方は、事前に電話にてご連絡下さいますようお願い致します。
詳しくはコチラを御覧ください。

土曜・日曜・祝日も診療をしています。
休診日:豊玉病院は月曜日、春日町病院は水曜日、石神井病院は金曜日です。



休診日:豊玉病院は月曜日、春日町病院は水曜日、石神井病院は金曜日です。
※受付時間は、平日 (月曜日~土曜日、休診日を除く)8:45~11:45、15:45~18:45、日曜日・祝日8:45~12:45です。
 受付時間内にご来院下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

院長診察日





院長の午前の診察は10時以降となります。
院長診察をご希望の方は、豊玉病院をご利用下さい。
学会参加などにより不定期に不在になる事がございますので、御希望の獣医師がいらっしゃる場合は、ご来院前にお問い合わせ頂くようお願い申し上げます。
※春日町病院副院長の土肥は水・日曜日、石神井病院副院長の臼井は月・金曜日にそれぞれお休みを頂いております。院長、土肥、臼井以外のスタッフの出勤日に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

救急・急患について

夜間動物救急との提携で、365日対応致します。
夜の散歩中に愛犬が交通事故にあってしまった、真夜中に愛猫が吐き気をもよおし、ぐったりしてしまった等、緊急の際は下記の夜間動物救急へ御連絡下さい。

◎夜間動物救急(往診専門) 03-5941-2552もしくは03-5346-7338 (午後8:00~午前3:00)

◎どうぶつの総合病院夜間診療部 048-229-7299 (午後9:00~午前3:00)
 埼玉県川口市石神815
どうぶつの総合病院


ページの先頭へページの先頭へ


ホンド動物病院の特徴

手術の様子当院の獣医師、看護師は大学の研究室や様々な研究会に所属し、それぞれの専門分野を追求しながら日常診療に当たっております。また、アメリカ、ヨーロッパの整形外科学会やセミナーに参加し外科専門医よりトレーニングを受けた経験を生かし、様々な手術に対応しております。膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂、骨折整復手術、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、消化管内視鏡検査・処置、心臓・腹部超音波検査等は、地域の動物病院からの紹介症例も含め、数多くの治療実績があります。今後も技術の追求のみならず、思いやりのある診療を実践して参ります。


当院の動物看護師の特徴

当院に務める動物看護師の特徴をご紹介致します。


全ての動物看護師
○4年制大学を卒業しています(日本獣医生命科学大学、帝京科学大学)
○動物看護師統一認定機構による認定動物看護師の資格を取得しています
○それぞれが専門分野(しつけ、リハビリテーション、デンタルケア、シニアケア等)を持ち、業務を担当しています

一部の動物看護師
○ロイヤルカナンのフードアドバイザー資格を取得しています
○大学の研究生となり、定期的に学会発表を行っています
○日本獣医生命科学大学において講義や実習講師を担当しています

以上のように、専門分野を深め、より質の高い情報やサービスを提供できるよう努めております。今後も、獣医師と連携を取り、より皆様に安心してご利用いただける病院を目指して参ります。ご心配な事がございましたらお気軽にお声掛けください。

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の整形外科疾患その他の整形外科疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
避妊・去勢避妊・去勢
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
リハビリテーションリハビリテーション
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
こいぬ科こいぬ科
こねこ科こねこ科
シニア科シニア科
歯科歯科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
麻酔科麻酔科
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)
獣医師の先生方へ獣医師の先生方へ
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)
スタッフインタビュスタッフインタビュ







ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です






Instagram
Instagramはじめました。


Instagram


動物取扱業登録番号
詳しくはコチラから

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)