練馬動物医療センター ホンド動物病院 豊玉病院練馬動物医療センター ホンド動物病院 豊玉病院

病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス 求人情報

当面の間、予約診療とさせて頂き、平日・土曜の最終診療受付を18:00までとさせて頂きます。診療をご希望の方は、事前に電話にてご連絡下さいますようお願い致します。詳しくはコチラをご覧ください。

当院における新型コロナウイルス感染症対策 564897.jpg 1.jpg kasu.jpg 69.jpg 当院における新型コロナウイルス感染症対策 sha.jpg 875985.jpg 8eca905e3.jpg 8eca905e82s.jpg

膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼

股関節形成不全股関節形成不全

椎間板ヘルニア椎間板ヘルニア

前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂

骨折整復術骨折整復術

心臓検診心臓検診

診療科のご紹介

豊玉病院:総合診療科、整形外科軟部外科リハビリ、内視鏡科
春日町病院:総合診療科、循環器科問題行動科軟部外科、内視鏡科
石神井病院:総合診療科、歯科整形外科軟部外科、リハビリ、内視鏡科、腫瘍科
※赤文字は特に力を入れている診療科です。

*総合診療科:こいぬ・こねこ科、内科、皮膚科、腎泌尿器科、腫瘍科、神経科、シニア科、ワクチン接種など
*軟部外科:避妊、去勢、消化器科、泌尿器科、腫瘍切除、耳道切除など
*整形外科:チタンプレート使用の骨折手術、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯損傷(TPLO・TTA)、関節鏡手術など
*各病院、大学病院や専門施設で研修経験のある獣医師、看護師がおりセカンドオピニオン(治療方針の見直し)にも対応しております。また、爪切り、耳掃除など処置のみのご利用も可能です。お気軽にご利用下さい。
*当院は練馬区、中野区、杉並区、新宿区、豊島区、北区、世田谷区、渋谷区ほか23区内、長野、群馬、埼玉、千葉、横浜にお住まいの方々からご来院頂いております。整形外科疾患などでご利用の際、紹介状がなくても診察させて頂きますが、遠方からお越しの際は、担当医不在日がございますので、必ず電話連絡のうえご来院下さい。

最新情報

熱中症

熱中症とは、高温環境が原因で生じる身体障害の総称です。わんちゃんは、人のように汗をかくことができないため、体温調節が苦手な動物です。特に、鼻の短い犬種(シーズー、パグなど)、活動量の多い犬種(レトリーバー、スパニエルなど)、肥満のわんちゃんなどは要注意です。呼吸が速い、ヨダレが多い、ボーっとしている、フラフラしている、などの症状は、熱中症初期のサインである可能性が高いです。応急処置として、すぐに涼しい場所に移動させ、身体の大きな血管(首筋、脇、内股)を保冷剤などで冷やしてあげましょう。その後は、早急な受診をお願い致します。
獣医師 長岡

第九回社内木鶏会(2020/07/09)

先日、第九回社内木鶏会が終了いたしました。今回は致知6月号【鞠躬尽力】をテーマに、著名人たちの仕事に対する情熱やスポーツ界における世界に勝つチームと選手づくりについて学び、感想を語り合いました。スタッフの発表からは、著名人たちと自分の今を重ねて共感していたり、自分の課題をどう克服するか悩み苦しんでいることを感じることができました。今後も、「鞠躬尽力」の精神で目の前の仕事に一所懸命に打ち込み、自らを成長させていく努力をしていきたいと思います。
動物看護師 山口

椎間板ヘルニア(2020/07/06)

犬の椎間板ヘルニアは、背骨と背骨の間のクッション材である椎間板が、何らかの原因で変性・突出し、椎骨(=背骨)の中を通る脊髄神経を圧迫することで生じる病気です。症状は、身体を触ると痛がる、動きたがらない、手足を引きずる(麻痺)など、病気の重症度により様々です。治療は、軽度であれば飲み薬や注射、レーザーを用いた温熱療法などの治療を行いますが、麻痺を伴い重度な場合には手術が必要になることもあります。早期の治療介入により、よりよい機能回復が期待できるため、症状がある場合はお早めにご相談ください。
獣医師 白石

ブラッシングをしましょう(2020/07/03)

わんちゃん、ねこちゃんにブラッシングをしていますか?ブラッシングは皮膚を清潔に保つために大切なお手入れです。特に長毛のわんちゃん、ねこちゃんは抜け毛が多い為、毛玉が出来やすく、通気性が悪くなることで皮膚炎の原因にもなります。スキンシップのひとつとしてブラッシングの時間を作ることで、皮膚の異常の早期発見にも繋がります。長毛の場合は毎日、短毛の場合は週に1回を目安にブラッシングすることを心掛けましょう。
動物看護師 利根川

吸収病巣(2020/06/29)

吸収病巣とは猫に多く見られる病気で、虫歯とは異なり、歯が吸収され、顎の骨に置き換わる病気です。成猫の半数程度に認められます。吸収病巣があると歯ぎしり、摂食時の痛み、吸収部で歯が折れる等の症状が見られます。進行すると歯肉が歯を飲み込んでいる様に見えますが、確定診断には歯科X線検査が必要です。気になる症状が見られる場合はお早めにご相談ください。画像は、吸収病巣のレントゲン写真で、下顎臼歯の歯頸部の吸収が認められます。
獣医師 臼井

暑い日のお散歩(2020/06/25)

6月に入り暑い日が多くなってきましたが、暑い日のお散歩には注意が必要です。暑さによって熱中症を引き起こしてしまったり、熱せられたアスファルトやマンホールを歩くことで肉球が火傷する危険性があります。
・お散歩の時間を短くする
・お散歩時間を早朝や日没後にする
・日向やアスファルトの道を避ける
・こまめにお水を与える
・保冷剤をタオルで包み首に巻く
上記の対策をしてわんちゃんをお散歩時の暑さから守りましょう。
動物看護師 杉田 

膿皮症(2020/06/22)

膿皮症は、犬によく見られる皮膚疾患の一つで、非常に再発が多く、夏に悪化しやすい病気です。皮膚の細菌感染(ほとんどがブドウ球菌)によって発症します。ブドウ球菌などの細菌は健康な皮膚上にも存在していますが、通常それらの菌は悪さをしません。アレルギーなどの基礎疾患で皮膚が弱くなると細菌が増殖し、膿皮症を発症します。再発を防ぐために、この基礎疾患を見つけると同時に細菌感染の治療と薬用シャンプーを使ったシャンプー療法が大切です。皮膚の痒みや湿疹を見つけたら早めにご来院ください。
獣医師 土肥

爪切り(2020/06/19)

わんちゃん、ねこちゃんの爪切りを行っていますか?爪を切らずに放っておくと血管が伸びてきてしまい、爪切りをした際に出血をしやすくなったり、神経を傷つけてしまいます。月に1回程度のペースでチェックしてあげる事がオススメです。ご自宅で爪切りを行う事が難しい場合は当院でも爪切りを行っておりますのでお気軽にご相談下さい。
動物看護師 石井

皮膚糸状菌症(2020/06/15)

犬猫に共通して見られる皮膚病のひとつに、皮膚糸状菌症があります。真菌(カビ)が感染することで引き起こされる病気で、頭部や肢端などに、リングワームと呼ばれる類円形の脱毛や、発赤を伴う皮膚病変が見られます。特に若い犬猫や、長毛種の猫で認められることが多いです。伝染性が非常に強く人にも感染することがあり、早めに治療を行うことが大切です。気になる症状が見られる場合には、お気軽にご相談下さい。
獣医師 池田

梅雨時期のわんちゃんのスキンケア(2020/06/11)

梅雨の時期になるとわんちゃんの皮膚トラブルが増加する事をご存知でしょうか?湿度が上昇し、皮膚の表面にいる細菌が増殖することで、皮膚炎や膿皮症といった病気を引き起こしやすくなります。ブラッシングをこまめに行う、シャンプーの頻度を増やすなど皮膚を清潔に保ち、皮膚トラブルを予防しましょう。
動物看護師 村山

第八回社内木鶏会(2020/06/09)

先日、第八回社内木鶏会が終了いたしました。今回は致知3月号【先達に学ぶ】をテーマに、著名人たちの尊敬する歴史上の人物から学び得た事や、ホスピタリティついて学び、感想を語り合いました。スタッフの発表からは、今やるべきことに全力を尽くし、自分の強みを持ちたいと、仕事に対する熱心な意気込みを感じることができました。今後も、先達の教えに学び、困難や試練を共に乗り越えていけるように日々精進して参ります。
今回の木鶏会は、コロナウィルス感染拡大対策として、それぞれの病院で、ソーシャルディスタンスを保ちながら行いました。
動物看護師 山口

尿石症(2020/06/08)

尿石症とは、腎臓で尿が生成されてから排尿されるまでの尿路のどこかで石が作られてしまい、血尿や頻尿、排尿痛などの症状が現れる病気です。石が原因で尿路が閉塞し、排尿ができなくなると腎不全を起こし、重篤な状態になる可能性もあります。原因には遺伝や体質のほか、食生活や飲水量の低下、尿路の細菌感染などが挙げられます。日頃から1回あたりの尿量、排泄回数、色や匂いなどをチェックすることが大切です。
獣医師 相原

狂犬病予防接種(2020/06/05)

狂犬病予防接種の時期がきました。日本では年に1度、狂犬病予防接種が義務付けられています。狂犬病は犬だけでなく、人を含めた哺乳類全てに感染します。発症すると治療法はなく、致死率100%の怖い病気です。先月14年ぶりに国内での狂犬病の感染が認められました。海外で犬に噛まれた人が来日し、国内で発症したとのことでした。国内だけでの狂犬病の発生は抑えられていますが、万一の侵入に備え対策することが大切です。当院でも予防接種が可能です。練馬区にお住まいの方は、11月まで区への代行手続きが出来ます。ご自宅に届いたおハガキをお持ちになり、ご予約の上ご来院下さい。
動物看護師 町田

甲状腺機能亢進症(2020/06/02)

高齢の猫ちゃんで多くみられる病気の一つに甲状腺機能亢進症があります。体の代謝に関わる甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気で、心肥大や高血圧など命に関わる合併症を引き起こします。食欲があるのに痩せる、飲水量が多い、嘔吐や下痢をするといった症状が見られる場合は注意が必要です。早期発見が重要なため、気になる症状がある方はもちろん、健康な高齢猫ちゃんも血液検査による甲状腺ホルモンの測定をおすすめします。当院では7月末まで血液検査のキャンペーンを行っています。ぜひこの機会にご利用ください。
獣医師 野口

症例報告(2020/05/28)

外科の骨折整復のページに猫の脛骨骨折整復を行った症例を追加致しました。本症例は、左後肢の挙上を主訴に来院されました。レントゲン検査を行ったところ、左脛骨の骨幹部中央に斜骨折を認めました。本症例では、ラグスクリュー法を併用し、ALPSAdvanced Locking Plate System)による整復手術を実施しました。ALPSプレートは、安定性が高く、骨折部位の血行障害を最小限にすることができるため、骨折の癒合不全のリスクを抑えることができます。

今後の診療について(2020/05/27)

非常事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルス感染症対策として、6月以降も当面の間、予約診療を続けさせて頂きます。また、平日・土曜の最終受付時間を18時とさせて頂きます。診療をご希望の方は、事前に電話にてご連絡をお願い致します。ご理解ご協力の程、よろしくお願い致します。

療法食を与える工夫(2020/05/22)

治療の為に必要な療法食を愛犬愛猫がなかなか食べてくれずお困りの方はいませんか?療法食を食べやすくする工夫として、匂い付けをするという方法があります。大好きなおやつやかつお節などをお茶用のパックに入れてフードの袋に一緒に入れておくことで、おやつの匂いがフードに移り、食べてくれるようになることがあります。食事療法でお困りの方はぜひ一度お試し下さい。
動物看護師 佐藤

外耳炎(2020/05/19)

外耳炎とは、外耳道に炎症が起きている状態で、多くの場合、痒みと不快感を伴います。要因は、細菌や真菌・外部寄生虫といった病原体によるもの、たれ耳や耳毛などの構造的なもの、アレルギーを中心とした動物の体質など様々です。そのため、治療方法もそれぞれ異なります。頭をよく振る、耳を擦り付けたりしきりに掻く、耳のにおいが気になるなど、気になる症状が見られましたら受診をおすすめします。また、ご自宅での点耳が大変な場合には、持続性の点耳薬もございますので、お気軽にご相談ください。
獣医師 白石

フィラリア症予防(2020/05/15)

今年もフィラリア症予防を始める季節となりました。フィラリア症とはフィラリアという寄生虫が蚊を介して犬の心臓などに寄生して発症する感染症のことで、最悪の場合死に至ることがあります。フィラリア症は予防が大切ですが、予防薬を飲ませる前にフィラリア症に感染していないか血液検査を行う必要があります。当院では5月〜12月までの投薬をお勧めしていますので、まだ検査を受けられていない方はお早めにご来院下さい。
動物看護師 浅見


過去の最新情報は、コチラから。

新型コロナ感染症対策

ご来院の皆様へ重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対策として、現在当院では以下のように対策を行なっております。
ご不便をお掛けしますが、感染拡大の防止ならびに安全な診療を継続する為、ご理解ご協力の程、よろしくお願い致します。

■ご来院される皆様へ
予約診療の実施
当面の間、予約診療とさせて頂き、平日・土曜の最終診療受付を18:00までとさせて頂きます。診療をご希望の方は、事前にお電話にてご連絡下さいますようお願い致します。救急対応や慢性疾患での通院が必要な患者様を優先させて頂きます。爪切りやシャンプーなどの急を要さない用件でのご利用はしばらくの間お控えください。また、多くの方との接触を避けるために、ひと家族につき、患者動物の状況がわかる方おひとりでのご来院にご協力をお願い致します。

ご来院される皆様へのお願い
発熱や咳などの症状が見られましたら、来院をお控えください。また症状が認められない方であっても、院内ではマスクの着用をお願い致します。


■院内での感染予防対策
院内の感染予防対策として、以下のことを実施しております。

①手洗いの励行・消毒の徹底
当院スタッフは、手洗い・消毒の頻回の実施を徹底しております。

②マスクの着用
ご来院される皆様の健康と安全ならびに公衆衛生を考慮し、当院スタッフは全員マスクを着用しております。

③アルコール・次亜塩素酸水での各所の消毒
アルコール・次亜塩素酸水を用いて、正面入り口の自動ドア、受付台、待合室、診察室などの消毒を定期的に実施しております。

④次亜塩素酸空間除菌装置の設置
次亜塩素酸空間除菌装置を各院内に設置し、院内空気を清浄化しております。
当院の次亜塩素酸は人体に無害な噴霧専用タイプを使用しております。


⑤院内の通気および換気
院内が密閉空間とならないように、正面入り口の扉や、スタッフ出入口を定期的に開放しております。また、状況により診察室の扉を開放して、診療を行っております。

今月のキャンペーン

①心臓検診キャンペーン


7月は春日町病院にて、循環器(心臓)の診察料が無料です。
今まで心臓検診を受けたことがない方が対象です。現在治療中の方は対象外となりますのでご了承ください。

近年、ペットの高齢化に伴い心臓病も増加傾向にあります。走ったあとに疲れやすい、興奮すると咳が出るといった症状は見られませんか?初期の心臓病は症状が見られないことも多く、症状が出た時には進行した状態であることが多いため、早めに心臓検診を行うことをお勧めします。当院では心電図、レントゲン検査、超音波検査、血圧測定など多角的に心臓の病気を診断しております。是非、この機会にご検討ください。
循環器以外の診療が含まれた場合は診察料が発生いたします。
獣医師 土肥の診察日を事前にお問い合わせの上ご来院ください。

②歯科検診キャンペーン


7月は石神井病院にて、歯科の診察料が無料となっております。

ワンちゃん・ネコちゃんの口の中を見たことはありますか?歯肉が赤かったり、汚れがついていたり、口臭があるときは歯周病の可能性があります。歯周病は、歯と歯肉の間で細菌が増殖し、歯肉の炎症などを起こす病気です。重症化すると呼吸器・循環器などの全身性疾患に繋がる可能性もあります。一度ついてしまった歯石は、麻酔をかけなくてはしっかりと除去することが出来ません。まずは歯科診察で口の中がどのような状況なのか確認しましょう。
歯科以外の診療が含まれた場合は、診察料が発生いたします。
獣医師の臼井の診察日を事前にお問い合わせの上ご来院ください。

③血液検査キャンペーン


新型コロナウイルスの影響を考慮し、今年度は春の血液検査キャンペーンを7月まで延長しております。春に血液検査を受けられなかった方もぜひ、わんちゃんねこちゃんの健康診断にお役立てください。

メールマガジン

ホンド動物病院のメールマガジンをリニューアルしました!当院からのお知らせやキャンペーン情報など、随時更新致します。登録は「QRコードをスキャン」
あるいは「p-hondo@lifetail-mail.comへ空メールを送信」で簡単に登録できます。登録時には特典も付きますので、お気軽にご登録下さい!


パピークラス開催日時

パピークラス開催日時

パピークラスは、4回以上参加して頂くことをお勧めしています。現時点で以下の日程でクラスを予定しておりますので、ご都合の良い日程をお選び下さい。日程は随時更新されていきますので、ご都合がつかない日がある場合は今後追加される日程よりお選び下さい。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

場所

豊玉病院

日時

・3/29(日) 15:00~16:00
・4/04(土) 14:00~15:00
・4/12(日) 15:00~16:00
・4/25(土) 14:00~15:00

※現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受けまして、開催を見合わせております。

ご予約の締切日は各クラス開催の2日前となります。
予約制となりますので、スタッフまでご相談下さい。
電話予約は、春日町病院 03-5971-3033
までご連絡下さい。


ページの先頭へページの先頭へ

診察時間案内



4月8日より当面の間、予約診療とさせて頂き、平日・土曜の最終診療受付を18:00までとさせて頂きます。診療をご希望の方は、事前に電話にてご連絡下さいますようお願い致します。
詳しくはコチラを御覧ください。

土曜・日曜・祝日も診療をしています。
休診日:豊玉病院は月曜日、春日町病院は水曜日、石神井病院は金曜日です。



休診日:豊玉病院は月曜日、春日町病院は水曜日、石神井病院は金曜日です。
※受付時間は、平日 (月曜日~土曜日、休診日を除く)8:45~11:45、15:45~18:45、日曜日・祝日8:45~12:45です。
 受付時間内にご来院下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

院長診察日





院長の午前の診察は10時以降となります。
院長診察をご希望の方は、豊玉病院をご利用下さい。
学会参加などにより不定期に不在になる事がございますので、御希望の獣医師がいらっしゃる場合は、ご来院前にお問い合わせ頂くようお願い申し上げます。
※春日町病院副院長の土肥は水・日曜日、石神井病院副院長の臼井は月・金曜日にそれぞれお休みを頂いております。院長、土肥、臼井以外のスタッフの出勤日に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

救急・急患について

夜間動物救急との提携で、365日対応致します。
夜の散歩中に愛犬が交通事故にあってしまった、真夜中に愛猫が吐き気をもよおし、ぐったりしてしまった等、緊急の際は下記の夜間動物救急へ御連絡下さい。

◎夜間動物救急(往診専門) 03-5941-2552もしくは03-5346-7338 (午後8:00~午前3:00)

◎どうぶつの総合病院夜間診療部 048-229-7299 (午後9:00~午前3:00)
 埼玉県川口市石神815
どうぶつの総合病院


ページの先頭へページの先頭へ


ホンド動物病院の特徴

手術の様子当院の獣医師、看護師は大学の研究室や様々な研究会に所属し、それぞれの専門分野を追求しながら日常診療に当たっております。また、アメリカ、ヨーロッパの整形外科学会やセミナーに参加し外科専門医よりトレーニングを受けた経験を生かし、様々な手術に対応しております。膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂、骨折整復手術、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、消化管内視鏡検査・処置、心臓・腹部超音波検査等は、地域の動物病院からの紹介症例も含め、数多くの治療実績があります。今後も技術の追求のみならず、思いやりのある診療を実践して参ります。


当院の動物看護師の特徴

当院に務める動物看護師の特徴をご紹介致します。


全ての動物看護師
○4年制大学を卒業しています(日本獣医生命科学大学、帝京科学大学)
○動物看護師統一認定機構による認定動物看護師の資格を取得しています
○それぞれが専門分野(しつけ、リハビリテーション、デンタルケア、シニアケア等)を持ち、業務を担当しています

一部の動物看護師
○ロイヤルカナンのフードアドバイザー資格を取得しています
○大学の研究生となり、定期的に学会発表を行っています
○日本獣医生命科学大学において講義や実習講師を担当しています

以上のように、専門分野を深め、より質の高い情報やサービスを提供できるよう努めております。今後も、獣医師と連携を取り、より皆様に安心してご利用いただける病院を目指して参ります。ご心配な事がございましたらお気軽にお声掛けください。

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の整形外科疾患その他の整形外科疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
避妊・去勢避妊・去勢
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
リハビリテーションリハビリテーション
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
こいぬ科こいぬ科
こねこ科こねこ科
シニア科シニア科
歯科歯科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)
PRP療法(多血小板血漿療法)PRP療法(多血小板血漿療法)
スタッフインタビュスタッフインタビュ







ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です



動物取扱業登録番号

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)