ほんどバナー201706.pngほんどバナー201706.png

病院理念 アクセス スタッフ 外科 内科 パピークラス 病院の案内

TOP > 外科 > 体に糸を残さない手術

体に糸を残さない手術

当院では、血管シーリング機能を持つ高周波手術装置(電気メス)ERBE VIO300Dを導入し、体内に糸を残さず、より安全で低侵襲かつ迅速に手術を行うことが可能です。

避妊・去勢手術をはじめとした外科手術は、従来血管を縫合糸で縛り、その糸を体内に残す方法で行われていました。しかし近年、この体内に残した糸が「縫合糸反応性肉芽腫」という病気を引き起こすことが報告されるようになりました。縫合糸反応性肉芽腫とは、体内に残った縫合糸に対して体が炎症反応を起こし、縫合糸を中心にしこり(肉芽腫)ができる病気で、日本ではミニチュア・ダックスフントで特に多く発生すると言われています。発症した場合には、摘出手術や、ステロイドおよび免疫抑制剤による長期的な内科治療が必要になります。

そこで当院では、縫合糸を使わずに血管を電気の力で圧着して止血、切断処理することが出来る血管シーリング機能を搭載した電気メスを導入し、体内に糸を残さない手術を実施しています。これにより、縫合糸反応性肉芽腫の発症を予防する効果が期待できます。また、避妊・去勢をはじめとした外科手術の時間短縮が可能となり、麻酔のリスクの低減に繋がります。

さらに、当院で使用する電気メスは、切開・凝固の出力を自動制御することにより組織の熱損傷を低減することが可能であり、またアルゴンプラズマ凝固装置を搭載し生体に対して低侵襲に手術を実施することが出来ます。


ERBE VIO300D 2.jpg


血管シーリング機能を持つ高周波手術装置(電気メス)ERBE VIO300D

血管シーリング1.jpg血管シーリング2.jpg


バイクランプを用いた血管シーリング


アルゴンプラズマ凝固.jpg


広い範囲を浅くすばやく止血することが可能なアルゴンプラズマ凝固装置

space.png

外科・各種整形外科
手術の様子手術の様子
骨折整復骨折整復
膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂
その他の整形外科疾患その他の整形外科疾患
関節鏡関節鏡
股関節疾患股関節疾患
跛行診断跛行診断
神経外科神経外科
腫瘍外科腫瘍外科
軟部外科軟部外科
軟部外科軟部外科
体に糸を残さない手術体に糸を残さない手術
内科
循環器科循環器科
消化器科消化器科
腫瘍内科腫瘍内科
内分泌科内分泌科
神経内科神経内科
内視鏡内視鏡
腎臓内科腎臓内科
眼科眼科
皮膚科皮膚科
歯科歯科
その他
犬の健康管理犬の健康管理
猫の健康管理猫の健康管理
リハビリテーションリハビリテーション

byoin_banner.jpgbyoin_banner.jpg
byoin_banner2.jpgbyoin_banner2.jpg


001.jpg001.jpg

002.jpg002.jpg

ホンド動物病院は「JAHA」認定病院です

003.jpg003.jpg

bn_caloopet.pngbn_caloopet.png


動物取扱業登録番号

  • 第003515(豊玉病院)
  • 第003517(春日町病院)
  • 第004050(石神井病院)